ここから本文です

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー (2010)

TRUE LEGEND/蘇乞兒

監督
ユエン・ウーピン
  • みたいムービー 18
  • みたログ 61

3.04 / 評価:23件

あの酔拳の蘇化子は忘れましょう!

  • neo_rasputin さん
  • 2012年6月11日 7時45分
  • 閲覧数 6366
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

同じ監督の創ったジャッキー・チェン主演の「酔拳」に登場する”蘇化子”と、本作に登場する”蘇化子”とは、別物と考えた方が良いでしょう。”蘇化子”は、酔拳の創始者として知られる伝説上の有名人との事。本作は、一応、その蘇化子が酔拳を編み出すまでを描いたものと言って良いでしょう。但し、どこまで、その伝説に近いものかは皆目分かりません。

そして、この作品、痛いところが数か所。

まず、映画自体の構成がいただけない。蘇化子列伝なる書物が存在するという前提で物語が始まる為か、映画の構成も、章立ての様になっています。その章が変わると物語が急転直下的に様変わりします。正直ついていけない(白ける)。

そして、最初は、歴史映画みたいな描き方をしていたので、くそ真面目に観ていると、急にファンタジックな展開になったり、現実なのか、空想なのかも良く分からなくなってきます。”えー”と叫びたくなる様な展開もあります。

又、パッケージには、ジェイ・チョウやミシェル・ヨーが、さも物語の重要人物の様に写っていますが、実質的にはチョイ役です。

流石に、アクションシーンは、まずまずですが、作品自体はボロボロです。実在した武術家を描いた”スピリッツ”や”葉問”などと、自分が撮影した”酔拳”、”蛇拳”などをごちゃまぜにした様な映画になっています。

何がしたかったのか大いに疑問です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ