ここから本文です

エクソシズム (2010)

LA POSESION DE EMMA EVANS/THE POSSESSION OF EMMA EVANS/EXORCISMUS

監督
マヌエル・カルバージョ
  • みたいムービー 9
  • みたログ 86

2.76 / 評価:34件

スペイン産のエクソシスト。

  • nor さん
  • 2012年8月4日 7時35分
  • 閲覧数 946
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

内容は悪魔に取り憑かれた少女と、
教会を追われた神父が悪魔祓いに挑むエクソシスト。
スピリチュアルな内容(悪魔憑き?)と、思春期の鬱積(精神疾患?)
どちらとも取れるニュアンスで、胡散臭さが鼻に付かず、
またストーリーもそれを巧く利用した展開になっており、
なかなか唸らせてくれるモノがある。
 
全体的な流れはエミリー・ローズを思わせるも、
悪魔憑きのショッキング描写はかなり控えめになっており、
そういった物を期待してしまうと非常に淡白に感じる。
逆に言えば悪霊などエクソシスト系が苦手な人でも苦もなく視聴出来ると思う。
(自傷シーンが多少ある程度)
 
手持ちカメラによるドキュメンタリー風の撮影がアクセントになっており、
ズームインの多用など画面のブレがやや強いが、
描かれる内容は精神的に追い詰められてゆく少女とその一家の崩壊の様、
そして悪魔払いを引き受けた神父の意図といった、
ちょっとしたサスペンスドラマにも見える。
全体を通して既存のエクソシスト系とはやや毛色が違い、
あくまで人間的なドラマがメインであり、
超常現象や衝撃映像といったものはとにかく薄い。
この点を見誤らない事が重要だろう。

 
スペイン産の悪魔祓い。
他のエクソシスト系とは違い、
悪魔憑依や超常現象といったショッキングな映像描写は殆ど無く、
進行も大人しめ。
悪魔に取り憑かれた少女とその家族、
そして神父の三者三様の思いをじっくり描いた内容。
オカルト的な胡散臭さを感じさせない距離感で、落とし所も割りと納得。
妙に惹き込まれるスペイン・ホラー。
例えるなら
”オカルトはあまり信じていないけど、
 実際に悪魔払いとかって案外こういった感じなのかもね?”
そんな印象かもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ