ここから本文です

エクソシズム (2010)

LA POSESION DE EMMA EVANS/THE POSSESSION OF EMMA EVANS/EXORCISMUS

監督
マヌエル・カルバージョ
  • みたいムービー 9
  • みたログ 86

2.76 / 評価:34件

居心地悪い映画

  • miho_jack さん
  • 2015年12月21日 22時35分
  • 閲覧数 674
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

英国訛りってあんなに聞き取り辛かったかと思う程、米英語の映画に慣れていたので違和感がかなりありました。

映像はドキュメンタリータッチと言いますか、固定されずに微妙にずっとグラグラしているのが気持ち悪かったです。このカメラワークのおかげで大人っぽい雰囲気には仕上がったものの同時に安っぽく仕上がってしまっている。映画自体リアリティが欠ける設定なのにドキュメンタリータッチはナンセンスなのでは。

色彩も彩度が低すぎて寒々しい仕上がりなので、神父の本当の目的がわかった後でもシレッと流れてしまった感がある。ドロドロした目論見がアッサリ料理されたので「おお!」と言うべき場面が「あー、そういうことかー」と変に納得して終わったのは残念なところ。芸がうますぎて笑うより拍手してしまう古典のような仕上がり。

全体の話は面白かった方だと思うが、蛇足も多く途中寝てしまった。ごめん。

アメリカ映画が世界的に大衆ウケする理由は「うますぎない」「流行に敏感」だからかとこの映画を見て思った。
長い歴史を持つ国の映画は一つの作品として完成度が高いからどうも楽しみきれない。かと言って流行や実験で終わらないハリウッドのさじ加減はやっぱり流石。

この映画は割としっかりホラーとサスペンスと両面から固めているが、だからこそこじんまりと纏まり過ぎて怖さが薄まってしまったのが残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ