ここから本文です

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011)

THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 191
  • みたログ 1,538

3.25 / 評価:723件

モーションキャプチャー出演

  • kun***** さん
  • 2016年8月12日 9時37分
  • 閲覧数 704
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ボンド役のダニエルクレイグが敵ボスなのですが、彼が緑の総繋ぎ服を着て、
いっぱいセンサーを付け動いて、それがCGキャラの動きに変換されるって出演スタイルになるのでしょうね。
別に高額ギャラ俳優に頼まなくても、良かったと思うけど。
監督が頭の中で動きを構成し、それを演者に伝えるのでそこいらのおじさん
でも良いと思うけど。
ボンド役ネイミングが有れば関心を引き客寄効果って事ですか?
アフレコでその声が付けば確かに出演ってある程度理解出来るけど、吹き替え
でダニエルって意味が判らない。
最近の高額予算映画はCG。
この映画のキャラは現実的人間には見えない様に鼻を大きくしてある。
美男美女の整ったキャラクターにしてない意味はどんな客心理を想定しての配慮なんですかね? ソプラノ歌手は中年の太り気味おばさんにしてるけど、痩身の
美女でも構わないのならそうして欲しかった。
この方式が確立しロケとそん色のない景色を作れ、キャラも人間に酷似すれば
俳優って職業は無くなるかもしれない。
モーションもコンピュターでやれるだろうし。
戦国の雄信長の想像画が有りますが、史実の体格とかとか入れ込んで、実際
に演技させられるのも近いでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ