2011年12月1日公開

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

THE ADVENTURES OF TINTIN: THE SECRET OF THE UNICORN

1072011年12月1日公開
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
3.2

/ 833

15%
24%
38%
16%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(373件)


  • シネマバカ一代。

    3.0

    犬のお手柄。

    続編に続かせるような終わらし方があまり好きでない。 バイクで鳥を追いかけるシーンは好き。 主人公や船長より犬のが賢いんじゃないかと思った。船長のダメっぷりが中途半端でどうせならもうどうしようもないダメさまで徹底してほしかった。

  • skr********

    3.0

    映像が凄い

    実写のようで実写じゃないような不思議な映像でした。 綺麗で迫力もあってよかったです。 途中テーマパークのアトラクションに乗ってるのかと思うようなシーンがあって3Dで見たいなーと思いました。 タンタンの冒険懐かしかった。

  • カリブソング

    4.0

    ドミノ倒しアニメ

    原作の味なんだと思うが、タンタンたちは次から次へと事件に巻き込まれ走り続け謎解きに奔走し敵と戦い味方と励まし合い世界を駆け巡り息継ぎなしにエンディングまでドミノ倒しを見つめ続けているような楽しさ\(^o^)/ジョン・ウィリアムズのちょっとレトロちっくな音楽も魅力たっぷり。

  • しおびしきゅう

    4.0

    もうムズムズしてきた、タンタン!

    NHKBSプレミアムで鑑賞! 2022年3月21日(月)放送! オイラが2022年に観た、83本目の映画! スティーブン・スピルバーグ監督! 初の3D作品だって! まあ、テレビだから、3Dにはならないけど! 途中の、敵と味方、鳥と犬も入り乱れての、3枚の羊皮紙を取り合う長回しのシーンなんかは、3Dで見たら、楽しいだろうね! 帆船のユニコーン号が海賊に襲われて、船上で戦うシーンとか、3Dで見たら大迫力で面白いだろう演出は、たくさん用意されていたと思う! やっぱりスピルバーグ監督が、3D用に撮影した映画なんだから、3Dで見ないと、本当の楽しさはわからないんだろうね! オープニングでダニエル・クレイグの名前が出て、なかなか見せなかったタンタンの顔が出たとき、タンタンがダニエル・クレイグかと思った! もちろん違ったけどね! 映像を見せる映画は、映画館で楽しむのが一番だね! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • wys********

    3.0

    子どもにはおすすめ

    映像美は特筆すべきものがありました。ただストーリーは子ども向けと感じました。

  • Delta888

    5.0

    インディ・ジョーンズ(フルCG版)

    スピルバーグ監督初のCG映画とのことですが、フルCGだからこその生身の人間では不可能なやりたいことをすべてやり尽くしたような大変満足感のある映画になっています。 『タンタンの冒険』は未読、主人公一味のキャラクター設定のみ認知している状態で当時の映画館で視聴。久しぶりに見直したくなって二回目の視聴となりました。Wikiの情報なので情報の信憑性は薄れますが『レイダース/失われたアーク《聖櫃》 』の頃から構想が出ていたそうで、30年越しにそれが実現されたとのこと。その期間もあってかスピルバーグの本気が感じられます。 まずCG技術には脱帽しました。精密なグラフィックはとても2011年のものとは思えず、同年代のCG映画を圧倒、現代のピクサーにも張り合える代物です。肌の質感なんて凄まじい出来栄え。写実とカートゥーンの中庸なデザインも不気味の谷に入ることなく、リアルな世界に自然に取り込めています。 アクションが本当に素晴らしく、CGだからこそできる爽快なものが仕上がっています。ディズニーもドリームワークスも写実的な戦いは登場しないので、CG作品でこうもビンでぶん殴って蹴り飛ばして叩き落とす様子が見られるのは新鮮。『インディ・ジョーンズ』らしく環境や設置された小道具を用いた多彩なアクションは、まさしく求めていたそれです。慌ただしく陸海空と複数の地域を動き回るのでマンネリ化せず見られます。後半の2分以上に渡るダムの「ワンカット」はアニメ史に残る演出。手描きアニメとは違って場面構成の誤魔化しがほとんど通用しないので、綿密な構成がなきゃ実現しない圧巻のシーンです。 原作は60ページほどの子供向けの漫画であり、さらに三部作の予定だったそうで、ストーリー展開の伸び切った雰囲気、「ここで終わり?」という感情は否めないです。ただそれを大きく超える映像美があります。 ジョン・ウィリアムズの音楽、クラシックな舞台と誇張された打撃音、子供向け映画として侮ることなかれ、大人も十分楽しめる『インディ・ジョーンズ』風伝統的アクション映画です。

  • sar********

    2.0

    お猿の方じゃない

    お猿のタンタンと間違えて見ましたが知らない絵本でした。 こういうのに詳しくありませんが、CGのモデリングは良い様に思います。 謎解きは子供向けなのに人殺しもある殺伐とした内容です。 主人公より犬の方が超優秀なのはそれでいいのか?と思いました。 話がおもしろくありませんでした。

  • sss

    2.0

    スピルバーグ?

    映像は良いが話の面白さが不足。 /3.5(202101)

  • もんくま

    3.0

    映像表現は素晴らしい

    ベルギーの漫画家による原作らしいけど、子供の頃にイラストを見たことある程度で詳しくは知りません。 初見時は、人物表現は多少デフォルメされているもののPIXARアニメの様な如何にもなデザインではなくリアルな感じで、水や、背景等に至っては実写か(?)と思わせるCG表現が凄すぎて、ここ迄凄いと本作が何故CGアニメでないと駄目なのか(?)という疑問が終始頭を過り作品の内容に集中出来ませんでした。 ストーリーそのものはインディ ジョーンズを思わせる感じで真新しさはないけど、如何にもスピルバーグ印といった感じで安定の出来だとは思います。 先に挙げた点が気になる為、せめて人物だけでもPIXAR作品のような仕様になっていればもう少しとっつき易かったのにな〜と思い作品の出来、不出来ではなくあくまで個人的嗜好で☆1つマイナス。

  • カーティス

    3.0

    このデフォルメはあり……かも

    大人気シリーズ『タンタンの冒険』をスピルバーグ監督が映像化したCGアニメ映画。露店で模型船を買った冒険家タンタンが、模型船に隠された秘密を巡る陰謀劇に巻きこまれるというストーリー。 タンタンシリーズは子どもの頃に読んでいたのですが、公開当時はスルーしていた1作。理由は単純、キャラのデフォルメが気に入らなかったから。シンプルイズベストを体現した原作のデザインはあまり残っておらず、かといって実写にもなりきれていない。人間のようで人間じゃない不気味さ―そんな中途半端な気持ち悪さを感じたのです。 ただ、実際に見るとあまり気になりませんでしたし、むしろこのデフォルメもありなんじゃないかと思えるくらい。もし実写だったらコミック調のキャラやストーリーに馴染まなかったでしょうし、仮に原作絵だったらアクションシーンの迫力はそれほど出なかったでしょう。賛否は分かれるかもしれませんが、個人的にはベストな選択だったと思います。 ストーリーは昔ながらの冒険活劇。といっても原作のようなおっとりとしたノリではなく、ハリウッド映画流のアップテンポな作風。スピルバーグ監督が撮っているからか、インディジョーンズをタンタンに置き換えたような、そんな印象を受けます。 見ていて楽しいかといわれたら楽しいのですが、タンタンならではの良さというのはあまり感じなかったかな。

  • 安羅韋駄舜

    4.0

    びっくりフジツボ!

    主人公の名前は タンタン? チンチン? 聴いた感じは ティンティンぽいけれど。 原作のアニメはまともに見た事が なかったので実写ぽいCGになっても違和感はなし。 アニメファンの人はリアルな顔に 違和感とある種の怖さも感じるかも?まぁたしかにもう少しだけ顔はアニメ寄りでも良かったとは思う。 ストーリーはほぼ一本道で単純に 流れる様な動きとジェットコースターに乗ってるかの様なハラハラ感を 味わえばそれで良いのかも知れない。 そんなに酷い暴力シーンも無いし 肩肘張らず子供とワイワイ楽しむ 映画では?

  • cya********

    2.0

    目新しさがない

    インディジョーンズとかピーターパンとかパイレーツ・オブ・カリビアンとかの普通の人版みたいな感じ。 展開の仕方やアクション・トラブルが古い。イライラする。 どこかで観た内容をつなぎ合わせている感じ。スッカスカ。 子供や、映画・物語を観たり読んだりが少ない人や、あまり深く物事を考えない人には良いかもしれない。 ただ映像は綺麗に作っているので☆一つプラス。

  • fuj********

    4.0

    さすがのピタゴラスピルバーグ

    流れるような目眩く展開はこれぞスピルバーグ。 最後はピタリとゴールの旗が立つトラブルのピタゴラスイッチ。 惜しむらくは3DCGキャラ。不気味の谷にまだ片足残してる。 だけどとてもよく出来ててそれも克服できそうな予感。 もうすぐ実写と見分けのつかない若き日の3Dハリソンフォードで新作インディーが観れそうでワクワクする。 期待をこめて星4つ。 あとスノーウィー有能。

  • kin********

    5.0

    ビジュアル以外はめちゃめちゃ良かった。

    『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』鑑賞。 *声の出演* ジェイミー・ベル アンディ・サーキス *感想* 吹き替え版がなかったので、字幕版で鑑賞。だいぶ前に映画館で観に行ったことがあるんですが、中身はすっかり忘れてしまいましたw ビックリしたんですが、スピルバーグ作品なんですね、しかもハドック船長の声が猿の惑星のアンディ・サーキスとは! 小学生の頃、タンタンの本をよく読んでいて、絵も好きでした。でも、映画版はフルCG!アニメ版と比べたら、正直、違和感がありますw キャラクターがリアルすぎて、動きやアクションがほぼ実写に見えてしまいます。アニメの方が可愛らしさはありますが、映画版はあまり可愛くないですねw スノーウィはギリギリ可愛かった。(^^) 酒飲みのハドック船長が言う「びっくりフジツボ」の口癖がよく解らないし、タンタンと比べてよくドジる所とか、イラついたりしますが、ストーリーは謎解きアドベンチャー的な話なので、インディージョーンズみたいな謎解き好きな方はオススメします。 賛否に分かれそうなのは、キャラクターのビジュアルですねw でも、僕はビジュアル以外はめちゃめちゃ面白かったです!(^^) 見所満載だし、アクションシーンとか圧巻!個人的にはカーチェイスシーンが好き! \(^^)/ 続編作ってくれるかな~スピルバーグさん頼みます!m(__)m

  • ter********

    1.0

    つまらない

    映画が好きで幅広いジャンルの作品を見てます。 ディズニーアニメやジブリ、コナン、ドラえもんなどの子ども向け映画も見てますが、この作品は嫌いです。つまらない。 タンタンは敏腕な新聞記者みたいですが、そうは見えないです。子どもが興味を持ったことにただ夢中になってるだけって感じです。 それに、大人の男相手にも力負けしない腕っぷしの強さや何でも器用にこなせるところが納得いかないですし。 あと、途中から出てくる船長にとてもイライラしてきます。 子どもが見ても何とも思わないかも知れませんが、私が大人になってお金を稼ぐようになった今、責任の無い行動に腹が立ちます。 もし、こういう人と一緒に働いてたら「ふざけるな!」と怒鳴ってます。 子ども向け映画には道徳的な、大人でも楽しめる作品は多いですが、これはダメ。深みがない。

  • ike********

    4.0

    モーションキャプチャを使った3d映画

    生身の人間が出てくるわけじゃないのでなんとも言い難いんですが、面白かったです! 大人から子供まで楽しめると思います。 ゲームのような感覚で楽しめます。 いや、寧ろ映画じゃなくてゲームのほうが楽しめるのではないかと思いますw いま流行りのVRとかでもいけそうw

  • ワイト

    4.0

    ゲーム見たい!

    アンチャーデットの映画版でした!映像がリアルで僕は大好きです!これこそ映画の醍醐味だと思います!

  • yui********

    3.0

    途中で見んのやめた

    途中から会話がクソつまんなくなって見んのやめました。そのシーンまでは迫力あって楽しい映画やったような気がするけど。 途中で見んのやめてなかったらもっと評価低かったかもw

  • ran********

    4.0

    食わず嫌いの人も楽しめる

    これは素直に楽しい映画ですね。 CGアニメと聞いただけで敬遠しがちの大人も見る価値はある。 ジェットコースター的展開がインディ・ジョーンズを彷彿とさせる単純明快な冒険活劇で、あの手のテイストが好きなら何の違和感もなくハマれる。 ストーリーの深さだとか謎解きだとかハラハラ・ドキドキというより、そういう面倒なことを考えずに登場人物の活躍を安心して楽しめるのも良い。 細かいところまでこだわり抜いたCGも流石に制作費をかけた超大作だけに見応えがある。 ところで原作も映画も主人公は”ティンティン”だよね。

  • ^_^

    4.0

    ネタバレ続編ありきだったかな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/19 ページ中