レビュー一覧に戻る
あしたのパスタはアルデンテ
2011年8月27日公開

あしたのパスタはアルデンテ

MINE VAGANTI

1132011年8月27日公開

普段オラトリュフを!

3.0

ネタバレタイトルはともかく・・・

邦題が実にお粗末。本編の内容と関係もなければセンスのかけらも感じられない。どうしたらこんなタイトルがつけられるのか不思議だ。 「ゲイ」の話が出てきているが、これがメインテーマなのか疑問。もしそうだとしたら、作りが甘いといえる。トンマーゾより先に兄がゲイであることを告白してしまい、そのために父親が苦しむことになる。なぜトンマーゾではなく父親なのか?また、トンマーゾが抱えている心の葛藤も見えにくい。もっと深く掘り下げておきたかったところだ。 過去にもそういった作品があったと思うが、(時代のせいだろうか)現代の作品はそれらと比べるとスケールダウンしている感がある。そんな中でも、「問題作」と呼ばれるような衝撃的な作品が生まれることを期待している。

閲覧数1,318