ここから本文です

マッハ!参 (2010)

ONG-BAK 3

監督
トニー・ジャー
パンナー・リットグライ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 60

2.44 / 評価:34件

何がなんだか

  • shirokado さん
  • 2013年7月7日 10時04分
  • 閲覧数 983
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

二作目のラストでティンは死んだ。
というようなナレーションが流れたように思ったのですが。生きてました。ティン。というか二作目と三作目で一つの物語だったのですね。
坊さんが言います。
ティンよ。瞑想に励んで心眼を開くのだ!→ティン、懸命にリハビリに励む。
ティンよ。戦いで平穏は得られないのだ。戦って無知を葬るのだ。→ティン、バーサーカーになり復讐の鬼へ。
えっ・・坊さんが言うのはそういうことじゃ・・・。
挙句、仇は横取りされるわ、恋人までも殺されるわ、建造物ぶん投げるわ・・・。
と思ったら覚醒して時間を巻き戻すわ・・・。何がなんだか。。
ちょくちょく映る仏像は一作目で奪われた村の仏像なんでしょうか。
また、一作目の駄目な金髪坊主が、今作にも出演している事から(特に役柄に必要性は無い)おそらく映画のテーマは業と輪廻なんでしょうけど、あまり壮大なストーリーを盛り込まない方が良かったのではないでしょうか。
アクションに関しては、一作目で評価されたのはトニー・ジャーの荒削りだけど勢いのある古式ムエタイであって、タイの舞踊と格闘を混ぜたものだということは分かるんですが、八卦掌や太極拳的なものは誰も期待していないんじゃないでしょうか。
結論。一作目は凄かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ