ここから本文です

トライアングル (2009)

TRIANGLE

監督
クリストファー・スミス
  • みたいムービー 105
  • みたログ 762

3.49 / 評価:494件

自己嫌悪

  • uty***** さん
  • 2016年1月16日 18時37分
  • 閲覧数 2190
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分の中ではレベルの高いB級という位置付けです。
違和感、船の玩具、鳥、拭き取る絵の具、服装チェンジのミスリード。
冒頭から散りばめられている一つ一つにすべて意味がありました。

白昼夢のような画作りと静寂の中の幽霊船の不気味さ。
全体的に低予算ぽさはありますがいい雰囲気だったと思います。
個人的には派手な殺人鬼やモンスターより言い表せない不安感や不気味な存在の方が恐怖を感じます。
とくにサリーの死体が大量に溜まっていたシーンはゾクッとしました。(集合体恐怖症の人が見たら結構くるものがあるかもしれない)

微妙だった所は、好意を抱いていた男性に少しスポットが当たっていたがただの殺され要員でしかなかったこと。他の仲間にも何かしら意味があればもっとよかった。
あとは体験しているはずの攻撃を避けられなかったりする主人公をついもどかしく思ってしまう部分。


何度も自分を殺しループする主人公自体が、逃れられない自己嫌悪を体現しているように感じました。
最初は自分自身を撃つことすら躊躇った主人公。
子供に手を上げている自分を目にした瞬間では戸惑いなく撲殺しています。
それとも、作中で触れた船の名前アイオロス号ーその息子のギリシア神話シーシュポスの岩のように死を逃れようとした罰なのかもしれません。

ある意味予定通りのループオチですが脚本は良作だと思いました。
伏線をしっかり回収しているのと、+αなメッセージ性に★4

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ