ここから本文です

七つまでは神のうち (2011)

監督
三宅隆太
  • みたいムービー 27
  • みたログ 137

2.66 / 評価:88件

「謎」が恐怖を助長するサスペンス風ホラー

  • 謎解きLIFE さん
  • 2012年2月1日 15時29分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

人は「死」を目前にした時本当に「生きる」価値を知る…
そんな哲学的な意味も秘かに込められた
ただ「怖い」「不気味」「驚かされた」なだけじゃない
異色のホラー。

「どこまでが妄想でどこからが現実?」
「どの場面が過去でどの場面が現代?」
「誰が本当の被害者で加害者?」
「そもそも失踪した少女は誰?」・・・そんな「?」の連続が、
ラストで一本の「真実」に繋がるサスペンス調の展開が実に見事。
良い意味で見る側を「翻弄する」作品です。

*他のレビュアーさんも指摘されていますが
「犯人が普通の人間だったら無理だろう」と
感じる箇所もあるので、純粋に「サスペンス」と
呼べるかは微妙な所ですが。

特に残酷でありながら深いラストには、
以前レビューした『告白』にも似た
複雑で陰鬱な気持ちにさせられました…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ