ここから本文です

七つまでは神のうち (2011)

監督
三宅隆太
  • みたいムービー 27
  • みたログ 137

2.66 / 評価:88件

絶対見ないほうがいい!!

  • crowinupr さん
  • 2012年6月11日 13時16分
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

日野さんて人を押すために作った映画ですよね?これというのが感想。
唯一よかったのが、日野さんの叫び声。
怖い、怖くない以前の問題。
金と、時間の無駄遣い。
この映画を撮るためにかかったお金ももったいない。



言いたい事がいろいろ多すぎる。

1.作中の人物があほすぎる。
そのせいで追い詰められていくシーンに緊迫感が出ない。
話を進めるために失敗を繰り返しているようだ。

2.場面の切り替えが多すぎ。
この監督の名前は覚えておいて今後は絶対に見ない。
やるならもっとうまくやれよとしかいえない。

3.キャスティングの問題
3人の女性たちが同じ年頃に見えない。
同じ年の設定なんですよね?
小学校の友達ということなので、年齢に幅があっても問題はないけど、
同じ学年だよね?たぶん。
友達だったって話がでたときにもえ?え?ってなった。

いろいろあるけど、怒り出したくなるほどひどかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ