ここから本文です

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010)

THE SON OF NO ONE

監督
ディート・モンティエル
  • みたいムービー 707
  • みたログ 575

2.81 / 評価:135件

際立つ演技力の差

  • э¢υι さん
  • 2012年4月16日 1時39分
  • 閲覧数 429
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ちとね、タイトルがね、酷いと思う。

本編の内容とかけ離れている。

本作はどっちかって言うと、ヒューマンドラマ色が強いサスペンス映画で、
淡々とした派手さの無い映画ってあるやない。そんな感じ。

陰謀とかそんなんは無い。

そうやね、陰謀って言うか、過去の罪やね。

なんやろ、アメリカの抱える歪。

そこから生まれた罪。

隠蔽された罪は、やがてさらなる歪を生み出す。

みたいなね。

なんとも言えない切なさがある。

ただまぁ、出来はね、そんな良くも無いから、
ちとハードル下げさえすれば。

出演陣が豪華やから。

レイ・リオッタやアル・パチーノやケイティ・ホームズ。

ええねん。演技がさ。

特にレイ・リオッタやアル・パチーノはね。

渋い。

その分、主役のチャニング・テイタムの拙さってのがね、浮き彫りになるんよねこれが。

ディスるつもりは無いけれど、残念ながら、渡りあえてません・・・。

演技の差がね、大きいわ。

これは監督の問題でもあるんやと思う。

結構、個人の演技が響く演出やったから、
レイ・リオッタやアル・パチーノの間の上手さがね、際立ってしまった。

まぁただ、全体的にはそんな悪ないよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ