ここから本文です

はやぶさ/HAYABUSA (2011)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 450
  • みたログ 1,376

3.71 / 評価:638件

研究者に光を当てた映画としては良い

  • toy***** さん
  • 2014年3月16日 14時47分
  • 閲覧数 746
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

水沢恵役の竹内結子が全体を通してはやぶさプロジェクトの関係者に光を当てているが、『はやぶさ 遥かなる帰還』がプロジェクト全体を主体とした映画とは異なる。結果が分かっている映画なので、必然性のつながりを大事にした映画という点で、研究者目線の映画という点で、町工場目線の『はやぶさ 遥かなる帰還』より良い感じがした。

宇宙科学研究所にいくら北大出身でもアルバイト生が採用されるのかという疑問を持ったが、それは良しとしなければ続かない。

宇宙科学研究所はエリートの集まりという感じがしたが、企業などで実際の開発をした人が少なそうで、研究でやりたいことと研究成果を結びつけるのが得意では無い人がやっている気がした。映画と関係ないことであるが、一番気になったところになってしまった。

1つのプロジェクトが長すぎ、予算がその時代の政府の方針に影響を受ける厳しい環境で大変だなと理解する。次のはやぶさ2の成功を期待したい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ