ここから本文です

少年と自転車 (2011)

LE GAMIN AU VELO/THE KID WITH A BIKE

監督
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
  • みたいムービー 223
  • みたログ 634

3.56 / 評価:251件

ピアノが聞こえて、胸の奥が震える。

  • 百兵映 さん
  • 2015年7月31日 14時07分
  • 閲覧数 2542
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 こういう良質な映画があった。知らなかった。胸の奥が震えた。

 この監督さん(たち)のことをネットで調べた。DVDになってレンタルできるのが本作を含めて8本。さっそくあと7本も鑑賞しよう。レビューはそのあとになる。あるいは、その後の作品と併せての感想になるかも。

 ここではただひとつ、―― BGMのベートーベンの使われ方にもショックを受けた。決まった4小節だけが、3回(だったかな)繰り返される。ピアノ協奏曲だが、エンドロールになって初めてピアノが鳴り出す。これってすごいのだ。この際のピアノは何を代弁しているのだろうか。父か母か里親か、あるいは……。この『皇帝』の全曲を聞き直さないといけない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ