ここから本文です

スリーデイズ (2010)

THE NEXT THREE DAYS

監督
ポール・ハギス
  • みたいムービー 390
  • みたログ 2,186

3.63 / 評価:1117件

解説

無実の罪で投獄された妻を救うため決死の行動に出た男の姿を描く『すべて彼女のために』を、『クラッシュ』『告発のとき』のポール・ハギス監督がリメイクしたサスペンス・アクション。愛する妻と幸せだった家族を取り戻すため、命懸けの脱獄計画に挑む主人公を、ラッセル・クロウが熱演する。『ブッシュ』のエリザベス・バンクス、『96時間』のリーアム・ニーソンが共演。限られた時間の中で、警察の追及をかわしながら展開する逃走劇の行方から目が離せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)は妻子と共に幸せな日々を過ごしていたが、ある日妻のララ(エリザベス・バンクス)が殺人の容疑で逮捕される。それから3年、ジョンは妻の無実を証明するため懸命に奔走していたが、覆ることなく刑が確定してしまう。絶望した妻が獄中で自殺を図ったことを知り、彼は自らの手で妻を取り戻そうと決断する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2010 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
(C)2010 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

「スリーデイズ」社会派ポール・ハギスが再び問いかける現代アメリカにおける個人の正義

 フランス映画「すべて彼女のために」のリメイクである。クライム・ムービーとラブストーリーというフランス映画十八番のジャンルを見事に融合した秀作ではあるが、かといって社会派のポール・ハギスがなぜジャンル映画を、しかも比較的新しい作品をあえてリメイクするのか、その理由がわからなかった。しかし見てみると、ハギスはこの物語の中にオリジナルとはまったく違うテーマを見出していた。

 宗教的なモラルや社会的な正義では計れないことに遭遇したら、人は何をもって正しい道を選ぶのか。彼は前2作で人種差別、帰還兵のPTSDを描いてきたが、考えてみれば本作も含めすべてが個人の正義についての物語であったといえる。長いことアメリカの正義の名の下に犠牲にされてきた個人の正義。彼が最も関心を持っているのは実はそこではないのか。

 そのため物語はオリジナルと同じでありながら、本作では主人公だけでなく妻にもこの命題をつきつけ、彼女の心も大きく揺らす。そして社会の正義と個人の正義の間で、愛し合っていたはずの夫婦に生まれる超えがたい溝を描く。これによりただ愛のためだけに大きな犯罪をやってのける平凡な男の話が、共にリスクを負うことで絆が結ばれる夫婦の話になった。だから同じ結末でありながらも、その意味するところは両作品でまったく違うのだ。リメイクは往々にして監督の演出法で比較されるが、監督が属する時代や社会もまたリメイク作品の大きな見どころなのである。(木村満里子)

映画.com(外部リンク)

2011年9月15日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ