ここから本文です

ヒマラヤ 運命の山 (2009)

NANGA PARBAT

監督
ヨゼフ・フィルスマイアー
  • みたいムービー 62
  • みたログ 179

3.59 / 評価:68件

生真面目に作られているが中途半端

  • nekodamashisantaro さん
  • 2011年12月13日 20時10分
  • 閲覧数 998
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この手の山岳映画としては描写が淡々としており、やや生真面目に作りすぎたきらいはあります。
死と背中合わせで雪山を進む焦燥感、雪崩や絶壁を目の当たりにした時の絶望感、そういったものがそれほど伝わってきません。
実話ベースだけに、必要以上のオーバーな演出が出来ないということもあるかもしれませんが、同様の作品も何本か作られている中、特徴に欠ける平凡な作品で終わってしまい残念な気はします。
兄弟間の互いの思いというものも、後半はあまり描かれなくなり、中途半端な印象が残りました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ