ここから本文です

ヒマラヤ 運命の山 (2009)

NANGA PARBAT

監督
ヨゼフ・フィルスマイアー
  • みたいムービー 61
  • みたログ 179

3.59 / 評価:68件

解説

1970年に標高8,125メートルのナンガ・パルバートでルパール壁の初登頂に成功した登山家、ラインホルト・メスナーの実体験を基に描かれる冒険記。長年の夢を果たしたものの、同時に大切な弟を失ってしまった兄の苦悩と、今まで語られることのなかったこの山の初登頂をめぐるスキャンダルの真相を描き出す。迫真の演技で兄を演じるのは、『シーウルフ』のフロリアン・シュテッター。メスナー自身の協力により映し出されるリアルな登山シーンに息をのむ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ラインホルト(フロリアン・シュテッター)とギュンター(アンドレアス・トビアス)は、幼いころから仲のいい兄弟だった。彼らの夢は、いつかヒマラヤ山脈の山頂にあるナンガ・パルバートに登ること。長じて登山界で名を知られるようになった2人は、ついに念願のナンガ・パルバート・ルパール壁初登頂を目指す遠征隊に参加することになる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ