2011年9月17日公開

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

SPY KIDS: ALL THE TIME IN THE WORLD

892011年9月17日公開
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
3.1

/ 129

12%
20%
44%
18%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

母親(ジェシカ・アルバ)が元スパイと知った双子の姉レベッカ(ローワン・ブランチャード)と弟セシル(メイソン・クック)。世界の時間を止めて過去にさかのぼり、世界征服をたくらむ最強の悪党タイムキーパー(ジェレミー・ピヴェン)の暴挙を阻止するため、敵の手にある秘石クロノスサファイアを取り戻そうと、双子姉弟がスパイキッズとして立ち上がる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(58件)

楽しい15.9%笑える14.0%コミカル11.6%かわいい10.6%勇敢8.7%

  • fg9********

    3.0

    悪党タイムキーパーの動機が小日常的

     …あらすじは、解説のとおり。  3D・4Dで観たわけではないのでコメントは控えつつも、今回の内容は、「これまで時間を無駄にしてきた地球人から、時間を奪い取ってやろう」とする壮大なテーマだった。     そして、その壮大な陰謀を企てた悪党タイムキーパーのそもそもの動機が、父親コンプレックス・父親回帰だったというのが、あまりにも小日常的で笑わされる。  そこそこ愉しめたが、こうして益体もないレビューを書いて時間を無駄にしていると、タイムキーパーから時間を奪い取られてしまうかも……。

  • drm********

    3.0

    3よりは

    CGの質が上がり、総体的に面白さも上がった気がします。 若干のリニューアルが功をそうしたのではないでしょうか。 3まで主役だった二人の成長ぶりには驚かされてしまいました。 色々と意見もあろうかと思いますが、純粋にタイトル通りの正統進化として良かったのでは。 新スパイキッズも可愛らしかったですしね。

  • k19********

    5.0

    最高級エンタメ作品

    タイムキーパーが父を語るシーンで泣いた。 笑いとアクションのドタバタエンターテイメントで、最初から最後までサイコーです。

  • myp********

    5.0

    おいおい面白いじゃんか!!

    無敵の変態ロバート・ロドリゲスのキッズ ムービー代表のシリーズ・スパイ・キッズ! まさかの 四作目だが、今回は4Dというまさに一手先を進む パフォーマンスである。ユニークなアイテムはもちろん、 飛び出す3Dという強みを生かした超大作! では、評価のはじまり~ まず僕から言えば、決してスパイ・キッズは子供向けでは ないと思う。内容はやや難しいし、映画ネタもわからんのでは そりゃあ面白みが半減である。そうまさにスパイ・キッズこそ 大人が学ぶべき映画である。 今回まさかのママ役で登場した、ジェシカ・アルバ。 私生活でもママのためか、暖かい表情が非常に良かったです。 そして赤ちゃん持ちながら、肉弾戦というエリートっぷりも バンデラスに負けない面白さだった。 さらに新スパイ・キッズの双子ちゃん。ロドリゲスらしい 魅力のあるキャラである。やんちゃな娘と、秀才少年という お互いの特徴を全編通して見せていたと思う!! 相変わらずユニークなアイテムや、仕掛け満載の シリーズだが、今回はどちらかというと テーマに集中していると思う。脚本もそうだが、 新しい家族という壁をよく鮮明に描いており、家族愛というより お互い理解しあうことの大切さがあって 感動できた。だからこそ、たくさんの人にオススメであり、 見事な傑作になっているのだと思う。 しかしながら、この低評価。 一体何が駄目なんだろう。確かに匂いのするカードは 他の匂いが混じって、微妙だったがアクション、音楽の センスは確かな神秘性を感じたよ!! 前世代スパイ・キッズもすっかり大人になり、新スパイ・キッズの 先輩としても大活躍だったよ。それにダニー・トレホも 出ていて、これはウケた。 また悪役にも感情移入が出来たのは本作が初めてで、 とっても悲しい展開だとも思った。一番テーマの柱が 強くなおかつ楽しめる映画は、久々に見た気がする。 つまり単純に面白い。スゴイ! 格好良い! ユニーク! そしてロドリゲス。つまらないはずがないのだ。 しかもシリーズ初のスパイ犬も現れ、見事なアクションと ともに主要キャラとしての歴史も刻めたのではないか。 続編を絶対希望する。まじでこの低評価はおかしいと思う。 こんな映画、見たことない。本当に素晴らしい! この一言につきます! では、さよなら~

  • mii********

    3.0

    過度のしつこさは逆効果よ~ん

    可愛い“ジェシカ・アルバ”をヒロインにしてシリーズ最新作をひっさげてきた「スパイキッズ」4作品目。しかもジェシカがスパイママだという。彼女のファンとしては、もうこれだけでたまらんわい♪ 数年前の3作品とは別ものとして観る方が賢明のようだな。時代の流れのせいか作品自体が子供っぽく作られていないんだもんな。どうもジェシカが出演しているだけで大人向けの作品にまっしぐらだぜ~♪ 作品内容は、生意気なキッズや大活躍のハイパースパイ犬などのユニークさに加えて、悪党が時間を管理したりとなかなか趣向が凝っていて面白いところなんだが、無理に子供向けに舵を取ろうとして、ひとつ間違いを犯しやがったな。 それはね、子供なら誰でも喜ぶ“お下劣シーン”の起用法なんだ。スパイママと一緒に登場することになるスパイベイビーを、やたらと強調しちまったことに原因があるよね。ウンチ&おならは一発芸だからこそ観ている我々には受けるところなのに連発しすぎで目にあまるんだよ。これは子供たちでも引くんじゃねぇのかな。さらに、嘔吐物の、いわゆる“ゲロ”のシーンだけど、こちらも1回でいいんだよ。うんざりするね。 シリーズ4作品目といっても過去の3作品とはまったく違う作りの大人向けなんだから所々でターゲットを子供に向けることがそもそも失敗だったんじゃねえのかな。 スパイママと新双子キッズの絡みはGOODだし、ハイパースパイ犬や個々のアイテムも合格だっただけに、結果的には大人向け、子供向けのどっちつかずで俺は残念な仕上がりだったと感じてしょうがなかったね。 作品タイトルにある「4D」を実現したかった為に利用されちゃった「スパイキッズ」だったんだろうな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ジェシカ・アルバマリッサ・コルテス=ウィルソン
ジョエル・マクヘイルウィルバー・ウィルソン
アレクサ・ヴェガカルメン・コルテス
ダリル・サバラジュニ・コルテス
ローワン・ブランチャードレベッカ・ウィルソン
メイソン・クックセシル・ウィルソン
ジェレミー・ピヴェンタイムキーパー
ダニー・トレホイサドール・マチェッティ

基本情報


タイトル
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

原題
SPY KIDS: ALL THE TIME IN THE WORLD

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日