ここから本文です

明りを灯す人 (2010)

SVET-AKE/THE LIGHT THIEF

監督
アクタン・アリム・クバト
  • みたいムービー 58
  • みたログ 113

3.81 / 評価:26件

心に残る秀作

  • ame_yachi さん
  • 2012年5月19日 12時10分
  • 閲覧数 692
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

脚本、映像、俳優すべてにおいて一級品の映画だと思う。キルギスという馴染みの薄い国に、こんな素晴らしい映画人が居ることを知ったことは収穫だった。余韻の残るラスト、込められたメッセージに心打たれる。

とはいえ、なかなか辛い話なので2度見る気にはなれないかも…。どうも自分は「素朴で美しい世界が、文明やら権力に蹂躙される」というシチュエーションに弱いらしい。どうかキルギスの人々が、孫の代まで美しさを失わずに居られますように!(汚れきった日本人が言うのも説得力無い気がするけど)


※バレ※
接待は台無しになったものの、明り屋さんの行動によって少女は救われ、貧しいながらも民族の誇りをもって生きていく。親友マンスールも中国人や政治家の手を借りずに村を発展させようと決意。明り屋さんは制裁を受けるものの九死に一生を得、家にたどり着くとそこには煌々と輝く電灯が…
…と無理やり解釈することにした。だって悲しいんだもの。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ