ここから本文です

オープン・ウォーター 第3の恐怖 (2010)

LA PIEL AZUL/BLUE SKIN

監督
ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 34

2.67 / 評価:24件

案外イイかも

  • too many rains さん
  • 2012年5月25日 0時02分
  • 閲覧数 643
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「海に飛び込んだものの、あらら船に戻れな―い!」という状況は、まんま「2」です。

おそらく★の数あったであろう、続編「3」のシナリオから選ばれた本作。

皆さまのレヴューは相当低いものの、私は結構楽しめました。

登場する人物関係は、かなりゴチャゴチャしていて、全く分からなかったものの、いったん始まると、そんなのは無関係でGO!

「なぜココで、こんなふうに?」という突っ込み所も極力排除されており、白ける場面も少な目ですので、まずはご安心を。

逆に、中盤から後半は、ハンディカム撮影による臨場感がたっぷりで、どんどんと引き込まれていきます。

正統派のO.ウォーター支持派の方には亜流と映るかもしれませんが、落水後のストーリーやカット割りには無理がなく、見て損はない作品だと思います。

さりげなくボート・ピープルの存在の社会的問題も取り上げていたりして。(彼らが突然消えていた所と、その後の思わぬ再会も、意外に自然な感じがして◎)

個人的には、「フローズン」や「デッド・クリフ」の、いわゆる状況限定パニックムービーの中では、かなりの上位にランクされる作品かと思いました。

まぁ、「ヨットで豪華にクルージングなんて夢のまた夢」である、日本人の一人として、憧れをこめて★5つです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ