レビュー一覧に戻る
百合子、ダスヴィダーニヤ
2011年10月22日公開

百合子、ダスヴィダーニヤ

- 2011年10月22日公開

tsu********

2.0

配役から脚本、演出すべてダメ

二人の女性の全然感情のこもっていない棒読みセリフ、コメディ映画のようなオーバーアクトを強いられている大杉漣、うだうだとなかなか進まない脚本。 配役もひどければ演出も脚本も編集もいただけません。 そして極めつけは、これから盛り上がっていく展開が待っているところで尻切れトンボ的な終幕。 敢えてこの部分を切り取ったなら、それなりに見せる工夫を見せて欲しいのですが、作り手の意図がまったく伝わらない映画になってしまい残念でした。

閲覧数1,148