レビュー一覧に戻る
百合子、ダスヴィダーニヤ
2011年10月22日公開

百合子、ダスヴィダーニヤ

- 2011年10月22日公開

sum********

5.0

史実に忠実な歴史娯楽作品

湯浅芳子と中條百合子(後の宮本百合子)。 日本近代女性史に名を残す二人だが、現代では、その実像は歪められ、それどころか忘れられようとしている。 時は大正の終わり。 この時、日本にもこんなにも自由な精神があり、愛があったという事を。 それが瑞々しい映像として、滅びゆくメディアである35ミリフィルムに焼きつけられている。 彼女たちの姿は、ピンク映画の世界で孤高の闘いを繰り広げてきた、浜野佐知監督の姿と重なる。 多くの魅力的な女性がキャスティングされ、この映画の女性映画たることを示している。 主演の一人である大杉蓮も、古巣に戻ったかのような伸び伸びとした演技が光っている。

閲覧数1,239