ここから本文です

五日市物語 (2011)

監督
小林仁
  • みたいムービー 14
  • みたログ 20

3.25 / 評価:16件

典型的なご当地映画

  • cha***** さん
  • 2017年4月13日 14時57分
  • 閲覧数 545
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

表題の通りである。
脚本はそこそこ良かったが、やはり町のアピール映画の域を脱することは出来ていない、まぁ、それは市の税金が製作費になっていたり、市の職員たちが制作の中心となっているからしょうがないことなんでしょう。
なので、その点は置いといて、やはりカメラアングルやカメラワーク、カット割りなど、技術的な面もレベルの低さが目立っていたのが残念であった。
主演のエンクミは頑張っていたんだが、脇の素人芝居は観ていて痛々しく頂けない。そんな中、さすがと思わせる芝居で窮地を救ってくれたのが草村礼子さんだった。草村さんの見事な芝居が、この作品を駄作にならずに並の作品へと押し上げてくれた。
良かったですね、五日市の皆さん。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ