ここから本文です

五日市物語 (2011)

監督
小林仁
  • みたいムービー 14
  • みたログ 20

3.25 / 評価:16件

解説

五日市町と秋川市の合併で生まれたあきる野市を舞台に、町の歴史を調査し始めた主人公が、穏やかな空気が流れる土地柄に触れ自分自身も見つめ直していく人間ドラマ。『風の見える街』の小林仁が脚本と監督を務め、市制15周年を迎えた同市全面バックアップのもと、伝統と文化が根付く五日市の魅力を存分に映し出す。取材を重ねる主人公を遠藤久美子が演じるほか、数多く参加した一般市民の健闘も光る心温まるご当地ムービー。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

テレビ番組用の情報収集を専門に行う会社に勤める友里(遠藤久美子)は、局の依頼で五日市町と秋川市が合併した東京都あきる野市へ赴いて、合併から15年たった現在、当時の五日市がどのように変化したのか探り始める。しぶしぶ取材を始めた友里だったが、穏やかな土地柄や人々との出会いを重ね、次第に興味を持ち始めていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ