ここから本文です

細い目 (2004)

SEPET

監督
ヤスミン・アフマド
  • みたいムービー 20
  • みたログ 27

3.79 / 評価:19件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2019年8月19日 16時20分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルは、マレー系の国民が中国系の国民を揶揄するときの隠語である。
6作品を残し51歳で逝去した女性監督の、没後10周年記念特集にて。
長編最終作『タレンタイム 優しい歌』(17(09))も今回再見、やはり傑作だ。
こちらは第2作目、マレー系の少女オーキッド(シャリファ・アマニ)を主役にした3部作の第一章。
海賊版DVDを商う中国系の少年ジェイソンと相思相愛になるオーキッドだが、彼は裏稼業の人間との繋がりがあって…。
オーキッドの両親は、『タレンタイム』でもお馴染みの顔ぶれ、テーマや語り口もほぼ一緒だ。
多民族国家ならではの人種間の相克、にもかかわらず、随所に炸裂する滑らかなユーモア。
香港映画の蘊蓄が今作のおまけ。
『タレンタイム』には及ばぬものの、台湾の青春映画みたいな映像から、慈愛に満ちた監督のヒューマニズムがゆらりと立ち昇る。
評価は4.5★。

ついでに第二章『グブラ』(05)の評も併せて(ネタバレあり)
『細い目』(04)に続くオーキッド3部作の純正第二章。
オーキッドが愛したジェイソンは、彼女を追いかけたバイクで事故死してしまう。
数年後、彼女はエリート会社員と結婚している。
父が入院した病院で偶然ジェイソンの兄や彼の家族に会い、また夫の浮気が発覚し、彼女の心は揺れ動く。
一方、イスラム教聖職者夫婦と娼婦姉妹のエピソードも並行して描かれ、前作よりも取っ散らかった印象がある。
祖母が日本人だと語るオーキッドは間違いなく監督の分身だが、ただの自叙伝で終わらせたくなかったのだろう。
人種が違っても仲のいい、お馴染みのオーキッドの両親。
ちょっと危ない彼女の夫婦仲。その先を見てみたかった気も。
オーキッド役シャリファ・アマニが、益々コケティッシュでそそられた。
こちらの評価は4★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ