ここから本文です

沈黙の神拳 TRUE JUSTICE PART6 (2010)

TRUE JUSTICE: URBAN WARFARE

監督
キオニ・ワックスマン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 49

2.65 / 評価:20件

おやじ、最後は一人で持っていく

  • jig******** さん
  • 2012年6月30日 10時40分
  • 閲覧数 768
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「TRUE JUSTICE」の最後ということで、
やる気が出すぎてしまったのか、
はたまた疲れちゃったのか、
邦題はなんと”神拳”という辞書にもなさげな単語。
いっそのこと前作で使ってくれたなら、
北斗神拳とか誤魔化せただろうに。
あぁ、前作出てきたのはケンジロウか。


今回おやじ殿は命を狙われるという展開になるも、
レイプ殺人犯やら宝石の密輸事件をチームが追うこととなり、
おやじは自分のことは自分で解決していきます。
おやじの見せ場を出したかったのだろうかと思いましたが、
ここは最後だしチーム一丸となった戦いが見たかったところ。


チームのメンバーそれぞれの個性も徐々に発揮され、
ここからという気分にさせてくれたので、
このシリーズTVとかで続けてもいいんじゃないだろうかと
思っているのですが、どうなんでしょね。
あちらでの人気が気になるところです。


最初の頃は美女とお戯れのおやじでしたが、
前作では亡き妻(?)らしき回想シーンもあって、
いい夫だったのよみたいなおやじ設定になっていて
どこか女性関係は迷走中の模様。
本作も女性の影がなかったですね。


そういえばレイプ犯を罠にかけようと
おとり捜査を・・と、女性捜査官が名乗りを上げますが、
あんたトラウマ大丈夫なの?と、
何作目かの設定無視かのような展開が気になりましたが、
トラウマ克服もおやじの狙いなんだろか、
これがチームおやじの強さなのかと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ