ここから本文です

学校の悪魔 (2009)

BULLYING

監督
ホセチョ・サン・マテオ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 35

2.56 / 評価:25件

低評価付けてる人って・・・・

  • xxxxx20120426xxxxx さん
  • 2015年10月10日 13時15分
  • 閲覧数 1273
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

真剣に社会問題として考えられない人なんだろうね。
それはそれである意味気の毒な人だね。
訴えかけられてる題材がとても重要なことなのにね。違う意味で怖いわ。

よくこう言う作品の場合「加害者」「被害者」とも観るべき、という感想を観ますが、個人的にはそれよりも学校関係者(特に上層部)、教師、親が
一番に観るべきと思う。
この作品中でも「話してくれてたら」というセリフが有るけど
話せるわけないのよ、実際。
話したらきっと楽になる、助けてくれる(ふつうの神経持ってる大人なら)って
子供は思ってるはず。
でも「話せない」。心配かけたくない、話した後の事も考える、
色んな事を天秤にかけると最終的に「話さない」を選ぶ事になる。
ちょっとした喧嘩の「無視」とかね、そういうのだけでも話したくない。
普通はそうなんだよ。
だからいつも通りの自分を家では演じる事になる。だから一緒に暮らしてたって
わかりづらい。
言葉や態度のほんの一瞬の変化を感じ取るしかないけど
それってそんなに簡単な事じゃないよ。親だけを責めることなんてできない。

今いじめられている人が居るなら言いたい。
絶対にその若さで死んじゃだめ。親が大事にしてくれてるなら尚更です。
昔いじめが原因で自殺したいって子の相談を受けた事が有る。
家族はみんな大事にしてくれる、優しい親が居て兄弟、おばあちゃんもいる。
うちの場合親が虐待してたから(特に母親)、そんな話をしながら
一番近くにあなたを好きでいてくれる人がたくさんいるのに、
死を選ぶなんてバカだと。
例えあなたが死んでもいじめた人には何も届かないのに、
好きでいてくれる人を悲しませてまで死ぬようなことなの?と。
私は親に何度も「死ね」と言われてるけどあなたは言われてないのに、というようなことをちょっと面白おかしく話しましたが
(あまり深刻になり過ぎるのもね~と思って(´・ω・`;))
いま彼女は生きてる。
生きる事が一番の復讐だし、対抗策があるならどんどんやればいい。

虐める人なんて
幸せな人が羨ましいだけ。妬んでるだけ。自分には何もないからね。
何もないうえに性格歪んでるから。
可哀想に~と思えば、少しはやり過ごせるもんだ。
そう、哀れな人なの。でも気付いてないから余計哀れなの。

教育機関が役に立たないクズなのであれば証拠も残せるようにしておこう~。
レコーダー常備、家まで来るならナニーカメラ的な物も常備。
(だって証拠が~証拠が~って言われるじゃんw、いじめの証拠もないですし~とかねw)

死んでいじめの事実を明らかになんてしないこと。
例え死んでも、何も変わらない。残念ながらね。それが事実。
だから生きて復讐しましょう。元気に活き活きと生きることでほんとに
最大級の復讐になるから。

16や17で命を自ら断つなんてもったいなさすぎる。
私なんてそのころに戻れるならやりたいこといっぱいあるよ。
はっきりものを言い過ぎるからそんなに友達も多くなかったし
孤立する事もあったけど 「だから何?」ってなもんですよ。
孤立したって生きていけますから。
単なるきれいごとで「自殺なんてダメ!!」て言ったりもしない。
そう言う私だって自殺未遂したことあるから。
「死にたい」気持ちはよくわかる。(私はいじめじゃなかったけどね)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ