2012年3月24日公開

サルベージ・マイス

812012年3月24日公開
サルベージ・マイス
2.8

/ 35

6%
20%
31%
37%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • ivo********

    2.0

    ネタバレ明るい谷村美月が見たかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    巧言令色、鮮なしジーン

    ローカルな舞台情景を配置したフツーの空手アクション、勧善懲悪ヒネリなし。

  • nom********

    2.0

    目ぇつむって観るべし!(観れねえか)

    ここ最近、真夜中にひとりで飯食いながら 『キャッツ・アイ』(古っ)を観てるせいか、 ムショーに怪盗モノが観たくなり。 というわけでも無いんですけど。 怪盗モノの『サルベージ・マイス』でございます。 不当に奪われた美術品などをお目当てに、 窃盗を働くサルベージ・マイス。 盗んだお宝は、きっちりと本来の持ち主に返すという、 いわゆる「取り返し屋」である。 怪盗マイスの真唯(谷村美月)は、 いつものように美術館に忍び込み、順調に事を運んでいた。 だが、お宝を目前にして、相棒・マリク(佐藤祐基)の裏切りが発覚。 まんまとハメられ、美術品の窃盗犯に仕立て上げられてしまう。 そして、真唯の自分だけのお宝を、 正義を取り返すための孤独な戦いが始まる。 この作品、舞台が広島の、広島オールロケだとか。 痛快世直しエンターテイメントと銘打ち製作されたみたいだけど。 広島の方々からは、 「広島の恥。。。」「なんでこんなもん作ったんだ」 とか、けっこうな言われよう。 しかし、低予算ながらも、工夫を凝らした演出と、見事な脚本で、 誰もが楽しめる第一級エンターテイメントと相成った! というわけでも無く、やっぱり低予算といった感じは否めずorz しかし、んなことは百も承知。 パケのフォトショでイジられまくった感丸出しの谷村美月(泣)で一目瞭然。 もともとツッコミドコロだけで出来ているよーなもんだと。 むしろ、初っ端から一つひとつ丁寧にツッ込んでいったら、 エンドロールまでもたんて、死んでまうわ(笑) なので、そんなスタンスで楽しんで観れば、それなりに楽しめるかと。 マジで、、、“それなり” ですけど。 見所というか、目的としてたのは、 やっぱり谷村美月の初のアクションというトコですかね。 監督から「これ観といてちょ」(んな口調ではないとおもう)と渡されたのが、 『キック・アス』のDVDらしく。参考にせえと。 なるほど! かのヒット・ガールのノリの如く、俊敏な動きとイカしたコスチュームで、 雑魚どもを容赦なくブチのめして行く姿がキュートで残酷、 クロエと肩を並べるほど!見事新境地を開拓している! というレベルではもちろん無く、初々しさの残る大立ち回りであった。 つかヒール履いてアクションは、やりづらいでしょ(笑) それでも谷村美月自身、いつもの如く、 セクシャルとキュートがルームメイトしたコケティッシュな魅力(意味わからん) は変わらず、なんとも不思議なコだなあと。 そして見所といえばもう一人。 広島の自警団団長であり現役女子高生の美緒を演じる 現役女子高生空手家の長野じゅりあ。 やはりモノホンというだけあって、 かの『チョコファイ』のジージャーにも匹敵するガチで痛いリアルファイト! というほどでも無く、比べりゃーそりゃあ見劣りはしてまうけど、 安定した腰の据え方と型の美しさは流石と言ったところ。 でも美しいからこそ、 ヤラレ役との「あ・うん」の呼吸が際立っちゃうんだよなあ。 距離とって、ヤラレる準備してた人いたし(笑) ショッカー的なヤラレっぷりちゅうんですかね。 そんな雰囲気。 「例え錆ててもね、誰かにとっては宝物なんだよ」 本当の価値ってのは、人の気持ちが決めるっつーことですね。 そんなテーマを含ませながらの、ラストでの展開は誰もが落涙必至!! ちゅーわけでも無く(さっきから思わせぶりだな!)、要はアレですね、 冒頭でショーケースの中に置かれた谷村美月のキスマーク付きの怪盗マイスカードも、 一部の方にはエライお宝っちゅうことですよね。・・・ちゃうか。 とにもかくにも、数あり過ぎるツッコミドコロの一つでもある、 スカボコにされて顔面から血ぃ流してんのに、 「ニコッ!」と笑えば、歯ぁ真っ白っていう谷村美月の笑顔がキュート過ぎて、 いいね! なんてえセクシャルなんだ。

  • kaz********

    1.0

    何一つ評価すべきもののない作品。

    谷村美月さんだけを目当てに、広島先行公開当時からチェックしていた本作、ようやく全国で公開ということで楽しみに鑑賞して参りました。割引とかがほとんどない映画館でしたので、仕方なく1800円払って鑑賞しましたが全くその価値の見いだせない作品で、とてもじゃないですが人におススメできるような作品ではありませんでした。 主人公の女の子が怪盗という設定で、理不尽な理由で持ち主のもとを離れてしまった宝物を奪って本人に返すという物語です。しかし、肝心の盗み出すシーンがあまりに非現実的な幼稚レベルで描かれており、まったくわくわくした感じを抱くことができないという状態。これ私の中では完全に致命傷でした。 また、作品内での距離や時間の設定がめちゃめちゃで、話にリアリティが全くありません。どうやらこの世界の住人達は、好きな時に時間を止めれて、好きな場所に瞬間移動できるんじゃないかというくらい自由な状態で、呆れてものも言えないような感じ。 さらに、広島のご当地映画という側面も持っているようですが、全く広島の街が魅力的に見えません。素人が思いつく広島を描き、原爆ドームの横で撮影行って、広島焼のお店を舞台にしてご当地なんだって程度で、地元の方に失礼なレベルです。 久々2か月ぶりの☆1つ作品。たとえ谷村美月さんのファンでも見るような作品ではありません。自信を持って鑑賞を控えて頂くようお願いしたいと思います。

  • tsu********

    2.0

    貴方の宝物はどこにありますか

    まずは、低評価でごめんなさい。広島県在住となれば応援しなくちゃいけない映画なんだけど、それでも星2個が限界。広島愛が県外の人に嫌悪感を抱いてしまわないか逆に不安に感じてしまうほど。 さて、内容は、広島を舞台にした、古美術品の取り合いをめぐる美少女系アクション映画。生の空手格闘演技は、なかなか見せてくれるし、少女達がスカートを翻して闘う姿は可憐で新鮮に映る。近場の席にいたおばさん二人組は「あら、まあ」と声を発しながら結構楽しんでいたようだし、眠くなるほどひどいわけではない。 それと新人の長野譲は、よく頑張っていると思う。実績のある空手の披露だけではなく、台詞も含めた演技もかなり特訓を受けた感じで、初々しい。それにしても彼女の衣装は、工夫して欲しかった。学生服に空手着はわかるが、最終決戦は、美月譲と色違いサルベージ・マイスで良かったのでは?なんとも味気無い。 あんまり人に薦めたくはないが、敢えていうなら、少女系アクションが「すごく」好きな人ぐらい。あとは広島「大」好き人かな。 (独り言) ここからは、苦言というか独り言。 この映画を制作するきっかけは知らない。ただ、「広島を舞台に女の子を主役とした映画」というコンセプトだけで始まった感の匂いがムンムンする。そのせいか、作り方が荒い、ただただ荒い。 まずは、サルベージ・マイスの存在。それ自体が、荒唐無稽なのは、フィクションだから許そう。でも公の美術館から宝物を盗み、それを単に一般人に返すという行為が果たして正義といえるのか。それだと美術館側が悪どく美術品を収集していることになる。 せめて、借金のかたに強奪された宝物をやくざの豪邸から取り返すっていう設定にして欲しかった。それなら、正義も語れるだろう。本作の設定では、単なる泥棒となんら変わりない。正義をかざすなら、も少し理屈ある大義が欲しいところ。そんな中途半端さが脚本全体にも悪影響を与えている。 話は横にそれるが、宝物が高価で希少価値があるのであれば、むしろ個人で独り占めせず、美術館などで一般公開するのが、宝物にとっても嬉しいのでは。 さらに、監督がこだわっているアクションシーン。これもすっきりしない。端的に言えば実技に固執し過ぎ。予算が全くないというのならわからないでもないが、今どき合わない。目の肥えてきた観客に、従来型の実技に固執する理由はない。ましてや明らかに力や体格差のある少女をメインに据えるのであれば、いくら頑張ったところで相手が体格の勝る大男であれば、限界がすぐ見える。ワイヤーを使うなどして、大胆な動きにスピード感溢れる動きを取り入れ、戦闘バリエーションを増し、迫力ある格闘シーンを見せて欲しかった。そう最終決戦が物足りないのである。 百歩譲って実技にこだわるというのも、ひとつの文化だが、それなら見せ方に工夫が欲しい。(効くようには見えない)走り込み正拳が極め技とばかりを何度もみせられては、観客は飽きてしまう。 最後に外国人のアフレコ。これは、ひどい。英語のセルフが口の動きと全くあわない。テレビ未満。学芸会レベル。たぶん台詞にまぜた日本語が上手く発音できなかったのが、すべての原因だろう。無理して難しげな日本語を混ぜるからこんなことになる。それにしてもこんな状態で監督もプロデューサーもスポンサーもよく公開を承認したなあと素朴な感想。 2011年11月22日 エーガル8シネマズにて

  • tom********

    3.0

    美月ちゃん

    B級感満載でしたが、主役が谷村美月ちゃんだとどんな作品でも 安心して観ていられます笑 闘う女子高生ものが好きな人にはオススメです! ヒロイン二人のアクションシーンはレベル高かった☆

  • rin********

    2.0

    なんともいえね~!!w

    谷村美月 長野じゅりあ を愛でる為だけの作品。 随所に散りばめられた広島愛は感じられましたし長野じゅりあの空手のシーンも見所。 とは言え度....全体的に生温くアクション映画特有のスピード感をまるで感じさせられない。 谷村美月さんもアクションに挑戦してますが.....!!が感想ですかね。 あれで倒される 窃盗グループの米国人ボスの存在感はラスボスには不向きだね。 長野じゅりあVS飛松陽菜のシーンはアクション的に良かったですね。 広島オールロケによる痛快世直しエンターテイメントと銘打ち、、「平成仮面ライダー」シリーズで知られる田?竜太監督がメガホンを取り。 『牙狼-GARO-』、『ケータイ捜査官7』の田口恵が脚本、『黒帯 KURO-OBI』、『ハイキック・ガール!』、『KG カラテガール』の西冬彦がプロデューサー兼アクション監督を担当。 その割には人を選ぶアクション作品なのではないでしょうか? 谷村美月さんに大立ち回りを期待したら駄目ですよ。w この手のアクション映画も愛くるしくて面白いとは思いますけど。

  • umi********

    2.0

    谷村美月でなければ観てないかな

    谷村美月が主演だから観たと言うのが本音。 広島関連の企業、観光、メディアの全面協力で、観光ガイドも兼ねたPVかと思いました。 アクションは、相方の女子高生のレベルが高すぎて、明らかに負けているし、 ストーリーはお粗末ですから、谷村美月のファン以外の方は観なくても良いと思います。

  • なべゴロー

    2.0

    低予算の悲しさ満載

    低予算の悲しさ満載で、かつ突っ込みどころ満載の映画。 なぜ主人公はサルベージマイスに成ったかが一番の謎。 それより先に、 この作品の失敗はロケーションの悪さ。 作品の中に、街の魅力が一切出ていない。ということで、 悲しいかな、あえて舞台が「広島」である必要があっただろうか?…である。 そうなると、広島フィルムコミッションは何をしていたの?と思う。 「バッドボーイズ」への非協力姿勢が示すように 広島フォルム…に映画ファンはひとりも居ない。 他の都市で撮ったなら、もっとマシな作品になったかも。 残念!

  • pur********

    2.0

    ネタバレこれがトンデモ映画、ってヤツか…(汗)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • izu********

    4.0

    私は、十二分に楽しめました

     『ハイキック・ガール』『KG』と、西冬彦氏が製作に携わった二作品の加え、 この『サルベージ・マイス』もコレクションに加え。  いろいろ試行錯誤をされているんだろうな~と感じられること、評価させて いだきたいと思います。そして三作の中では、もっともアクション・シーンは 抑え気味と思いますが、私は一番楽しめました。  谷村美月さんと新人・長野じゅりあさんを起用した主人公二人が、かわいいっ!  谷村さんは、“世間を騒がす大怪盗”(「怪盗」と呼んではいけないらしいが) らしからぬ女の子っぷりを演じ、  長野さんは、広島弁全開の女子高生。  今どきの女子高生なんて、全国どこでも「~じゃん」の“関東弁”に毒されている というイメージがありますが。「~じゃろ」。マコテ、ヨカ。  “ご当地映画”としても、成功していると思いますが。 (地元広島の方から見ると、キビシイ・・・・ようですが)

  • yos********

    2.0

    広島愛と空手だけが見所

    まずはサルベージ・マイスのタイトルが意味不明すぎですね。 ストーリーを聞けば意味はわかりますが低予算映画ではタイトルでインパクト取るべきでしょう。 それからストーリーはいいとしても演出がひどいレベルです。 ご都合主義で観る気を無くしそうになりました。 その中でただ空手の格闘シーンは本物の空手家さんみたいですのでカット割りでごまかしてない凄さが伝わってきました。 良くも悪くも主演の谷村美月さんを生かしきれなかった作品ですね。 空手少女の方が印象に残りました。

  • faz********

    4.0

    楽しめました。

    低予算ゆえのつっこみ所は多々ありますが、美少女アクションという点では十分楽しめました。 谷村さんのアクションは、まあ、女優さんのアクションの域を脱していませんでしたが、 長野じゅりあちゃんが凄い!15才の少女とは思えないキレと迫力のあるアクションが強烈でした。 可憐な容姿も持ち合わせていて、今後人気が出るのでは? あと、敵側のフードの女の子も、これまたじゅりあちゃんとはアクションのスタイルが違いますが、 ワイヤー無しとは思えない空中技が冴え渡っています。(飛松陽菜ちゃん14才) この2人のアクションだけでも観る価値はあるかな。 ただし、冒頭に書いたようにツッコミ所は満載ですよ。 この手の映画はプロレスと同じで、観る側の力量が問われるのですw。

  • gah********

    3.0

    ネタバレ谷村美月ちゃんがスーパーヒロイン役!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mih********

    4.0

    半パンチラもあるよ

    去年、広島で先行上映され、かなり間をおいて全国上映となり、 妙な発信をするなと思っていました。 主演の谷村美月は「キックアス」のヒットがなければこの役をやって なかったと思う、という様なことをどこかの雑誌で言っていた気が するのですが、確かにヒーローコスチュームに仮面、と邦画の メジャー作品では「ゼブラーマン」くらいでしかみかけないなと。 そして本格的に空手をやってきて、本作でスクリーンデビューを飾った という長野じゅりあ。 なにやらただ者ではない雰囲気のあるこの映画。 いよいよ全国公開に、と思いきや自分の拠点大阪ではわずか2週間 だけの上映期間。 慌てて劇場へ向かいました。 「サルベージマイス」、マイスはマウスの複数形らしく、主人公の まいと相棒マリクが協力して、全国にあるお宝を本来あるべき場所に 戻していく、という本作は痛快アクションムービーです。 まず第一に、自分はこの映画が好きです。 これを前提に記述していこうと思います。 上映開始わずか数分でこの映画の色々なことが読み取れました。 なぜ広島で先行上映され、全国上映までスパンがあったのか。 なぜ極端に上映期間が短いのか。 なるほどそういう意図や事情がある映画なのかと。 そう、この作品は広島愛と意欲的な挑戦に満ちた映画なのです。 まず、画面に映るのは広島の名所、町の風景、名物のお好み焼き屋、 そこの店主は広島カープファン、そこにたむろする青年の一人は サンフレッチェ広島のユニフォームを着用。 これでもかとばかりに広島の魅力を前面に押し出しています。 そして、ストーリーや全体のテイストは大雑把で、ツッコミどころ満載。 深夜枠のドラマでありそうだと思いました。 しかし、脚本や演出、演技面の未熟さが目につくのに対し、設定や こだわりがしっかりとあり、谷村美月の主役ぶりや、やはり 長野じゅりあの本物を感じさせる空手の型と格闘シーンには たまらないものがありました。 ばかばかしいと思いつつも、妙に引き込まれ、挑戦に満ちた 意欲作に思いました。 以前、タイ映画であった「チョコレートファイター」を思い出したの ですが、どうもプロデューサー兼アクション監督が、「マッハ」や 「チョコレートファイター」をプロデュースした西冬彦らしく、 邦画でも同じく本物のアクション俳優、女優を生み出すべく活動して いるのだなと、改めて心を打たれました。 ただ、あれだけ矛盾をおかしているのだから、長野じゅりあの 戦闘コスチュームは制服に徹底してほしかったのが残念な点です。 本当に未熟な点の多い作品でしたが、おもしろかったというのが 感想です。 設定やキャラクターは良いので、課題をクリアして続編を作ってほしい とさえ思ってしまいました。 エンディングにももいろクローバーZというのも中々です。

  • kei********

    5.0

    痛快アクション!

    気持ちいいくらい、突きも蹴りも決まる!アクションがいい! じゅりあの空手のキレが、観ていて爽快です。 アクション初の谷村美月も、カッコよく、華麗。 でも、笑顔のシーンが一番かな。 敵の白服女子もスピード感のあるアクションで、迫力が増します! 女子が頑張るアクションムービーで、かわいくて、かっこよかったです。

  • haf********

    3.0

    発想を切り替えてアクションを楽しむ

    谷村美月に好印象を持っているので、広島先行公開から注目はしていた本作。ようやく全国公開となりました。 ただ、レビューをみると危険な香りもぷんぷんするだけに期待と不安を胸に鑑賞です。 正直、設定や演出には甘さも目立ち、突っ込みどころも満載。美術館でも素手でバンバン触りまくってるし(指紋残っちゃうでしょ)、 外国人のボスの四字熟語の多用も「うーん…」などなど。 そういう点では最初少し戸惑いましたが、谷村美月と長野じゅりあのアクションを楽しむ映画だと発想を変えると寛容になって楽しく鑑賞できました。 谷村美月はサルベージマイスの衣装も様になっていてよかったです。長野じゅりあは若々しさ溢れるという感じでアクションはよかったですが、 演技はこれからという感じですかね。今後に期待したと思います。 多くや完璧を求めずにフィクションなんだからと穏やかな視線で、アクションを楽しむというのがこの作品の鑑賞方ではないでしょうか。 あくまでそういう視線で甘めに星3つです。

  • kun********

    4.0

    ネタバレ迫力がありました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    3.0

    和製ヒットガールにあと一歩

    谷村美月がぜんぜん強そうに見えないところがよい。なんか応援したくなる。 サルベージ・マイスなんてまず名前がかっこいい。広島限定ヒーローにしておくのはもったいない。うちの町にも来てー?! もっとばかばかしい、いい意味のおバカ映画にしてほしかった。

  • win********

    3.0

    お宝発見!

    ☆オール広島ロケ ☆舞台も広島 ☆広島先行公開 ここまでされたら、行くしかないでしょう! と思いつつ公開から2週間経って、 やっと鑑賞して来ました。 見慣れた風景が次々と映し出され 映画を観ているとは思えない親近感が湧いてくる。 でもすぐに、薄くくすんだ色彩を観て 広島ってこんな空気の色だっけ? と違和感を持ってしまう複雑な住民心。 もっと素敵な場所もあるのにね~ 低予算の香り漂う作品だから仕方ないのかも知れませんね。 宝物を本来の持ち主に返すために美術品を盗む 正義の(?)サルベージ・マイスと 盗んだ美術品を売りさばく窃盗団との闘い 日曜の朝に放映されている勧善懲悪ものっぽいな… と思いながら観ていました。 それもそのはず、仮面ライダーシリーズの監督だったのですね。 『仮面ライダー・クウガ』みたいに 大人も鑑賞出来る子供向けドラマならば面白いと言えるのですが、 映画としては少し物足りない内容でした。 そんな中でも、新人の長野じゅりあの存在が光っていました。 初演技も納得のド素人っぽさでしたが、 得意の空手になると表情も一変。 素早い動作とキリッと男前な表情! カッコイイ~~~~~!!! 私としては、彼女の空手シーンを増やして欲しかった! もっと観ていたいと思うほど魅力的でした。 可憐な容姿に切れのある動作。 アクション俳優の需要が少ない日本ですが、 是非、頑張って欲しいです! 長野じゅりあと云う掘り出し物のお陰で、 良い気分で劇場を後に出来ました。

1 ページ/1 ページ中