ここから本文です

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)

MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL

監督
ブラッド・バード
  • みたいムービー 894
  • みたログ 7,888

4.17 / 評価:3,899件

スパイ大作戦では、一番好き

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年6月15日 22時13分
  • 閲覧数 676
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1557作品目。
WOWOWの「スパイ大作戦一挙放映」にて久しぶりに視聴。

いやあ、還暦前の年齢ですので「ミッションインポッシブル」や「スタートレック」の名称より「スパイ大作戦」「宇宙大作戦」と言ってしまうのは、どうぞご容赦頂きたい。

本作品、今更ストーリーを語るのはアレなので、好みのシーンだけの感想を。

まず冒頭のロシアの刑務所からの脱出。
相変わらずのスピード感と外連味溢れる行動に、のっけから惹きつけられて。

次にロシア軍将軍に扮しての潜入。
このシーン本当に好きなんですよねえ。初めて見た時(映画館で見た作品かも)は、もう息をするのもソ・・・として見入った記憶あり。
脱出した時の「将軍から数秒で旅行者になる」のシーンも記憶に新しく。

あと、あれあれ。
ダイヤの交換だの、超々高層ビルの壁面での決死のアクションだのも良かった。
ホークアイを仲間に出来たのも良かった。

が、何が一番って・・・

もう、一生互いに「語り合い」「ふれ合い」「連絡メールすら出来ない」であろう奥さんを遠くにみつめ、見守る主人公。

このまま主人公は「陰から奥さんを見守るが、彼女はそれを知らない」な切ない終わりになるかと思ったら。

な・な・なんと、彼女は夫に気付くのですっ。あの雑踏の中で。

見つめあい、微笑む両者。店に入った後に振り返り、かすかに手を振る彼女。

くううううううううう。

女子供の感想だなと言われても良い。ここ、ここですがな。
このシーンを見た瞬間に、天元突破でドリルがぐりぐりと天井知らずに。
もう「★5しか有り得ない」な気持ちに。

切なさに拍車が掛かったものの、良かったと心から思える。
多分、主人公が現役を引退した後、再び一緒に暮らせる日も来るかもしれない。

少なくても、彼女は「夫がいつも守ってくれている」と自覚してくれたから。
主人公にも「良かったねえ、彼女解ってくれてるよ、甲斐あったねえ」と
肩を叩きたい。

満点。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ