ここから本文です

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)

MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL

監督
ブラッド・バード
  • みたいムービー 898
  • みたログ 8,052

4.17 / 評価:4036件

妻を守るのは君ではなく、僕の役目だ!

  • 風の狩人 さん
  • 2020年6月10日 21時18分
  • 閲覧数 166
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2011年公開のミッション:インポッシブルシリーズの第四作目のブラッド・バード監督作品。
一作目のサスペンス重視、二作目のアクション重視、三作目はロマンス重視に対し、本作はコメディ要素もあるバランス重視と言える。
今まで以上にハイテク系のスパイツールがたくさん出てくるので007を彷彿させる。007と違うところは、イーサン(トム・クルーズ)単独ではなく、はっきりとチームワークを描いているところだ。

今回、印象的だったのがウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)のイーサンへの葛藤である。ブラントが任務の失敗し、イーサンの妻を死なせてしまったという話の真実が判明するシーンは、今後、より二人の間に絆が生まれることが感じられた。イーサンがブラントに「妻を守るのは君ではなく、僕の役目だ。」と言い放つシーンは素敵だった。

そして、特筆すべきが女殺し屋サビーヌ・モロー役のレア・セドゥの存在感である。出てくるシーンは多くなかった(途中退場)のだが、画面に映るだけでクールかつ艶っぽく惚れ惚れする。

最後に、印象が少し薄かった悪役コバルト(ミカエル・ニクヴィスト)だが、良く考えると自分の命よりもアメリカへ核攻撃することを選んだ狂信的な核戦争論者であり、ある意味とても怖いね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ