ここから本文です

ネッシーのなみだ (2011)

THE BALLAD OF NESSIE

監督
スティーヴィー・ワーマーズ=スケルトン
ケヴィン・ディーターズ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 25

3.00 / 評価:16件

1000kリットルの涙

  • シュジュミ さん
  • 2011年9月15日 21時54分
  • 閲覧数 620
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューってか感想。

ナレーションでぐいぐい引っ張って行く短編のアニメーション映画だった。
『くまのプーさん』を観賞する気でいたので不意打ちをくらった感じ。話としては何のことはない、良くある寓話的なというかなんというか、アメリカ人が好きそうな白人主導のマイノリティ保護モノの流れ。テーマとかは違えど『ポカホンタス』とか。でも、それを寓話にした感じだから受ける印象はまったく違う。それに、ナレーションが絶妙に良いので、心にグッとくる。どう良いのかというと、無駄な言葉がホントにないこと。当たり前かもだけど、上手いと思った。
ナレだと、色々と説明を喋らせたくなるところ。でもこの作品はそれを一切せず、淡々と進んでく。絵本を読んでる感じだった。そうすると多少押しつけがましかったり、大きなお世話だよバカヤロー(たけし風に)っていうようなメッセージでも、アハハ(キラキラ)って感じでにこやかに受け取れる。そうかもね~って。心にとめておくよ~って気になる。この作品はまさにそうだった。

短編とは、「いかに省略するか」「いかに無視するか」って演出が大事なんだな~。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ