レビュー一覧に戻る
女と銃と荒野の麺屋
2011年9月17日公開

女と銃と荒野の麺屋

A WOMAN, A GUN AND A NOODLE SHOP/三槍拍案驚奇

902011年9月17日公開

emi********

2.0

つまらない映画の楽しみ方

ここではないどこかへ、ひとときの夢を見せてくれる映画が大好きです。 多ジャンルを観るので、ハズレも多く引きます。 そして、この映画は…ハズレでした。 時代背景が不明、ストーリーラインも不明、それが最初10分ほどでわかるので、別の方法で楽しみました。 (1)異文化体験 風習や衣服など、異文化なものを見つけて楽しむ。 この映画だと、金太郎風の前掛けや、警官のマッチ(綿に火打石)などがいい味だしていた。 (2)風景を楽しむ ”七色の山”として有名な七彩山。数年前にアンビリーバボーか何かで紹介されていて、覚えていました。また映画で見れてうれしい。 (3)脇キャラが見せてくれるネタ的要素 製麺作業で、ピザ職人のようにくるくると薄く延ばしていくシーン。 その後できあがる麺も、「これ絶対おいしい」と思える品。 このシーンが見れただけでも、よかったと思う。 繁盛している店(金庫に現金たっぷり)なのに、一般の客が入っている様子がないのも、シュールで良い。 90分という短さもよかった。つまらん映画で3時間とかだと、後半は怒り半分になるが、90分なので暇つぶしにちょうどいい。 観終わってから、まさかのチャン・イーモウ監督作品と知ってびっくり。 リメイク作品と知って、2度びっくり。 なぜチャン・イーモウ監督ほどの人が、リメイクまでしてこの作品を世に送り出したかったんだろう。 中国には未発掘の逸材も多いのだから、そういう作品を見せてください。 イーモウ監督、がんばれ。

閲覧数573