ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

アメイジング・スパイダーマン (2012)

THE AMAZING SPIDER-MAN

監督
マーク・ウェブ
  • みたいムービー 317
  • みたログ 4,087

3.44 / 評価:2,200件

「3D、吹替えで鑑賞した評価は・・・!」

  • yoshi さん
  • 2012年6月27日 20時50分
  • 閲覧数 848
  • 役立ち度 30
    • 総合評価
    • ★★★★★

先行上映の3D吹替え版で観てきました。
前作のスパイダーマン3から原点に戻り、基本的なストーリーは崩さず、キャストやスパイダーマンが背負う人生観を一新して臨んだ『アメイジング スパイダーマン』は、前シリーズを知っている人にも、知らない人にも楽しめる作品に仕上がっていると思います。
ところで、「アメイジング」の意味は???と思い調べてみると、「驚くほど見事なこと」と言う意味なんですね!
正義のヒーローのはずのスパイダーマンが背負っている暗と明の2つの人生を描いたストーリーや空中を飛び回るアクションシーンは驚くほどに見事でした。

基本的なストーリーは前シリーズと同じです。
今作の方が、スパイダーマン(ピーター・パーカー)の背負う苦悩やヒロインのグウェン・ステイシーとのラブロマンスの描き方の方が心に響くものがあり私は好きです。

スパイダーマン(ピーター・パーカー)役は、『ソーシャル・ネットワーク』で高評価を受けた若手演技派のアンドリュー・ガーフィールドです。
そのフェースと演技から爽やかでありながら、苦悩するスパイダーマンの心を醸し出していましたと思います。 (-^□^-)

新ヒロインのグウェン・ステイシー役を演じたのはエマ・ストーン♪
『ヘルプ ~心をつなぐストーリー~』同様に彼女の表情はチャーミングで知的ながらも、キュッと胸を掴む様な笑顔に心が躍りました♪
私の中のニューヒロインの誕生です о(ж>▽<)y ☆ ♪♪♪

ベンおじさん役は『地獄の黙示録』のマーティン・シーンが演じ、メイおばさん役は2度のアカデミー主演女優賞に輝いたサリー・フィールドが演じています。
そんな事を知って観ると見所が増えるかも (≡^∇^≡) !


~3Dについて~
蜘蛛の糸で、ビルディングの森の中を飛び回るアクション(映像)はスピード感がありながら、緻密なまでにリアルだったと思います。
ただ、それが3Dにより立体感によるものか?と訊かれると“?”な部分はあります。
3D撮影されているとは言え、奥行き感は少し抑え気味でしたね!
2Dを観て比較していないので、3Dでの鑑賞を薦めるべきか(2Dで充分?)は、正直 解らないです。
ただ、スパイダーマンの空中でのアクションは、CGと3Dの相乗効果で成し得た映像だった様な気がします。
(断言は出来ませんが、3Dの奥行き感は抑え気味ですが、3D効果で通常のCG映像よりリアル感が増していた気がします。)



~吹替えについて~
今作の吹替え版の出来については、充分に満足しました。
吹替えをした声優さんの声はスクリーンと一体となって観ていて違和感がなかったです。

ヒロインのグウェン・ステイシーの声を当てたのは、本名陽子さんです。
本名陽子さんと言えば、ジブリ作品の『耳をすませば』で月島雫の声を演じています。歌(カントリー・ロード)も歌っているんですよね♪
グウェン・ステイシーの父親(NY市警)役のデニス・リアリーの声を当てたのは菅生隆之さんです。
ジャン・レノやトミー・リー・ジョーンズの声も演じています。(補足:テレビ/ビデオで声優さんが違う場合もあります。)

メイおばさんの声を担当したのは、一龍斎春水さんです。
実は私、彼女の昔からファンなんです (*^▽^*) ♪♪♪
一龍斎春水と言うのは講談師として活動している時の名前で、知っている人は少ないと思いますが、麻上洋子さんと言えば記憶に残っている人もいるのではないでしょうか! 
彼女は、宇宙戦艦ヤマトの森雪の声をやっていた声優さんです。
昔のイメージとは違い、主人公のおばさん役との事で普段より落ち着きがあり違和感がないだけでなく、主人公を見守るその姿は母親の様な雰囲気を醸し出してる感があり良かったと思います。
(実はどの役とは知らず観賞したら、最初は分らなかったです。 (;^_^A )
全体的に今作の吹替えは観ていて違和感がなく、個人的には映画の世界に集中できた気がします。

3Dで観るか、2Dで観るかは微妙ですが、個人的には字幕より吹替えをお薦めします。



「アメイジング」とは、
驚かせるほどであること。驚くほど見事なこと。

それが、新生『アメイジング スパイダーマン』

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ