ここから本文です

琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ (2011)

監督
佐野智樹
  • みたいムービー 18
  • みたログ 46

3.18 / 評価:40件

武器は要らない

  • ルチア さん
  • 2013年12月10日 22時52分
  • 閲覧数 437
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

今や各地にご当地ヒーローが居ますが、こちらはわりと老舗な沖縄のローカルヒーロー「琉神マブヤー」。

敵役が、なんとも「ゆるい」ので、本格的なものを期待しては居ませんでしたけど、そういった「特撮ヒーローもの」とは、ちょっと一線を画したような映画でした。

でも、それが「期待外れ」という事ではなくて、とっても素敵に裏切られた感じです。

途中で、秋田のヒーロー「超神ネイガー」がゲスト出演してるのも、実に感動的だったんですけど、そのネイガーから、武器を手渡されたマブヤーが、「武器は要らない」という事で受け取らないというシーンがあるんですけど、これが、後で、その意味が分かった時に大いに感動します。

つまり、マブヤーって、悪を懲らしめる事はするんですが、あくまで、「懲らしめる」レベルであって、「退治しない」んですよね。
だから、退治する為の武器は必要ない。
懲らしめるための「げんこつ」ひとつあればいい。

かつて「ウルトラマンコスモス」が同様に、怪獣を退治しない方法を取ってた事がありましたけど、マブヤーの場合は、敵を懲らしめる以外に、敵と共生していくんです。

この映画のクライマックスは、まさに、そんな感動的なシーンになって行くんですが、このあたり、実に素晴らしいです。「敵を退治せずに共生する」なんて、今の世の中、とっても考えて行きたいようなことですよね。

それも、妙に説教くさくなくて、悪役のキャラがゆるい分、うまく緩和されて、観てても気分が良いです。


役者さんも、沖縄出身のお馴染みの方ばかりで、皆さん、沖縄を愛してらっしゃるんだなぁ。。。って言うのも伝わって来ます。

独特の沖縄訛りも、とっても良いです。
なんだか、聞いてて「ほんわか」しちゃう言葉ですよね、沖縄の言葉って。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ