レビュー一覧に戻る
スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング

jig********

2.0

犯罪者を狩る男

名前押しで来るタイトルなので どなかと思ったらプロレスラーだそうで、 第2のドウェイン・ジョンソンになれるのか? という人かと思われます。 見てくれはスキンヘッドにお髭。 身体のがっちりしたところはさすがレスラーです。 ハードなアクションも見せるぜ、 当然相手との格闘もあるぜと身体をはってますが、 主要な武器がボウガンというあたり、 ハンターらしさも見せてます。 ただ、あの体格あの格闘センスなら ボウガンいらんでしょと思わなくもない。 どこぞの国境警備につく本作の主人公、 悪漢同士のいざこざから彼らの追跡に手を貸すはめに なりますが、国境警備もこんな犯罪者ばっかり相手だと 人員不足になりそうです。 物語は裏切り者を追う犯人グループと 娘を人質にとられた主人公という構図で、 後々ランボーのごとく地の利を活かして戦う男と化す ありがちといえばありがちな内容ではありますが、 レスラー出身の彼の格闘術が堪能できれば・・と思います。 といっても、そんなに多くないのでなんといっていいのやら。 ガタイがいいのでどうしても重量級のパワー押しアクションに なってしまうのは仕方ないところか。 こういう時は小柄な人のほうが技のバリエーションが多くて 見た目かっこよく映るんですけどね。 そこは彼のラリアートの力強さでカバーだろうか。 B級作品の格闘要員としては捨てがたい魅力を持っているので、 今後もじゃんじゃん戦って欲しいなと思いました。

閲覧数1,611