2011年10月28日公開

ミッション:8ミニッツ

SOURCE CODE

932011年10月28日公開
ミッション:8ミニッツ
4.0

/ 2,381

33%
43%
19%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(762件)

切ない12.5%勇敢10.2%不思議9.5%泣ける8.4%知的8.3%

  • ゆめすけ

    4.0

    文句なし、おもしろSF

    大まかに表現すると、 →タイムループ+12モンキーズ+アバター+ラストちょこっとだけデビルマンの最終回 を頂戴して、オリジナル要素を加えて上手いこと表現した感じでしょうか。だから面白いに決まっている(笑) テンポ良くラストもよろしく非の打ち所がない映画だと感じました。 万人に解りやすく進行する映画が多い中、大きな謎感が見ているうちにだんだんと理解深まる手法(12モンキーズタイプ)の上手くいきました版。最高。 私が知らないだけで、まだまだこんな映画があるのだなぁと心から喜んだ映画です。 スーパーおすすめ!

  • 黒子

    3.0

    とりあえず最後まで見ましたが

    最後が少し考えさせられるだけで、特に内容はない。

  • ちさぽん

    5.0

    ネタバレ1回観て「???」の方へ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    ネタバレ運命を変えたくなる魅力的な女性

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    3.0

    まるで死にゲー体現映画

    まずタイトル負けしている作品だなと感じた。 過去の作品にも「~ミニッツ」というタイトルが多くて そんな中のひと作品みたいな位置付けになってしまっていて 何かとっつきにくい感じがしていた。 いざ、見てみると案外ストーリーもよくできていて テンポよく過去と現在を行き来する話もなんとなく理解できた。 密室系のストーリー展開なのであまり考えなくてもすむし これぞハリウッド品質というか安心して見れた。 ただ、あっさり見る作品で活き込んでみるようなものでもないかもしれない。 お酒でも飲みながら見るといいかもしれない。 主演のジェイク・ギレンホールは若手の中ではおなじみの顔。 面長の愛想いい顔がストーリーに深みをもたらしている。 しかし、瀕死でもなお記憶の中で戦わさせられるアメリカの兵士は 可哀そうというか切なかった。 アメリカらしいといえばそうだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ミッション:8ミニッツ

原題
SOURCE CODE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日