ここから本文です

ミッション:8ミニッツ (2011)

SOURCE CODE

監督
ダンカン・ジョーンズ
  • みたいムービー 719
  • みたログ 4,314

4.03 / 評価:2369件

所詮は、そこそこ程度の一作。

  • hik***** さん
  • 2021年4月20日 12時34分
  • 閲覧数 529
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

やたら絶賛の声が多いようだが、個人的にはそこまで言うほどかなという感想だった。

シナリオは所謂、タイムリープもの。
この手の作品は、特に日本のアニメやゲームでは枚挙にいとまがないので、決して珍しいタイプのシナリオでは無い。
洋画だと「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に近いか。

段々と謎が解けていく展開、スリリングなSFものかと思いきや、哲学的なテーマを持った感動作品というのも悪くは無い。

だが個人的には、もう一つ大きなどんでん返しを期待していただけに、肩透かしを食らった感がある。
加えて登場人物たちに、対して愛着がわかなかったのも残念。列車の乗客たちの個性の肉付けが今一歩、弱いのである。


鑑賞後の後味は決して悪く無いので、そこだけは評価に値する。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ