ここから本文です

ワイルド7 (2011)

監督
羽住英一郎
  • みたいムービー 125
  • みたログ 1,127

2.77 / 評価:639件

設定の不備による鑑賞障害発生報告

  • wybern987 さん
  • 2019年9月14日 11時22分
  • 閲覧数 493
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

場面のクオリティはしっかりしてるし セットやキャストは豪華で立派だけど
何度もポーズ停止して気合を入れなおして見ました 
リアリティの破綻と「取って付けたような過去話」が気になって 思考が自動停止 そこでPAUSE BAILOUT EJECTしましたです
場面のスポットごとで楽しめるタイプは楽しめるのかもかもしれないけど、物語の面白さ、話に引き込まれて楽しむタイプには、ツライ。
現代リアル日本が舞台のように見えるんで 法執行制度 銃、爆発物の扱い など物語設定と現実の不整合が全部引っ掛ってしまい アラに感じてしまうのではなかろうか
もっと破綻してるのに気にならない映画があるのは この映画の映像クオリティが妙に高いから、
いわゆる「不気味の谷」のせいで引っ掛るのかしらん

現代を舞台に荒唐無稽話をするときは 現実離れした設定が違和感なく受け入れられるように 法律でいう 「違法性阻却事由」みたいに「不自然さ阻却設定」をしっかり視聴者に飲み込ませて観客を別世界にワープさせておかんとイカンと思う
ワクワクして読んだ覚えのある単行本のワイルド7は エンタメ度が高くて手塚治虫なんかより好きだったんですが
この映画はリアリティがよい分途中が穴だらけに感じてしまう作品だった
ワープは漫画や小説は一言で済むが 映画では視覚的なだけに 結構大変なんではなかろうか

GYAO 無料配信で家で見せていただきました 
真っ暗な異次元の映画館で 大音響で見たら もっと評価できたかもしれない

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ