ここから本文です

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で (2011)

監督
古橋一浩
  • みたいムービー 13
  • みたログ 259

3.98 / 評価:107件

2010年時点アニメで最高レベルの出来では?

  • alu***** さん
  • 2016年9月20日 8時06分
  • 閲覧数 209
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

全てを鑑賞したが、作品の出来栄えは特に優秀の一言。
連載版>映画版>小説版

小説版を読んだときは、物足りなかったが、
映画版になり、すべての面で重厚さが増した印象。
映画版をうまく編集した連載版は、映画版より洗練されている。
特に、映像、音楽はマッチしており、
CG技術を駆使した映像、メカニカルデザインとその種類はおそらく最高レベルだろう。

 物語性に関しては、「宇宙世紀」をつぎはぎした感が残り、設定を守ることで制約があったが、物語の奥行をうまく醸し出して、次回作につなげるという巧妙な手口でカバーする魅力の作品でもある。
 全体的にレベルが高く穴の無い作品に仕上がっている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ