ここから本文です

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (2011)

監督
成島出
  • みたいムービー 512
  • みたログ 1,653

3.48 / 評価:944件

複雑な機微を表現

  • shi***** さん
  • 2020年5月8日 3時35分
  • 閲覧数 424
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

歴史の真実や戦争に至る背景、登場人物の正確さという点においてはいささか疑問しかないが、一つの映画、作品として鑑賞したとき、一人一人の登場人物の心の内、感情や思い、考えが見事に演技で表現されていて、各シーンの描写の巧さに驚かされる。
特に主人公の山本五十六を演じる役所広司さんの演技には感服せざる得ない…。
家族や友人に見せる素直さ、新聞記者に軍部の中心にいるにもかかわらず見せた政治的な顔、敵対派閥とも言える南雲中将に対する上官としての立場を取る姿勢、いろんな場面でその時の感情や思い、気持ちや感覚を観る側に訴えかけてくる。
ストーリーにしても、物事が進んでしまう過程や世論や政治的判断の矛盾さ、無関係な人の無責任さが写しだされ、当事者意識の欠如の悲劇を見事に表現していると思う。
過度で残忍な映像は無いが、誰も得する事のない戦争を上手く表現していると思う。
ドキュメンタリーとしての作品だとしたら疑問しかないが、映画、一つの物語としての作品とすれば素晴らしく良質な作品だと思う。
日本映画でも演技で圧倒する映画。
世界でも通用すると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ