ここから本文です

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (2011)

監督
成島出
  • みたいムービー 512
  • みたログ 1,653

3.48 / 評価:944件

新型コロナ戦争のさなかに

  • osg***** さん
  • 2020年5月9日 18時14分
  • 閲覧数 430
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

新型コロナへの対応を戦争と言う政治家が少なくありませんが、この映画も太平洋戦争を描いた作品というだけでなく、国民の命に関わる事態に直面したリーダーが批判の矢面に立ちながら自らの責任を全うしようと苦闘するという意味で戦争がテーマの物語です。
ただ、派手な戦闘シーンが好きな人や、わかり易いヒーローものが好きな人には期待はずれかも知れません。
組織の中の自分とか、マスメディアの役割とか、いろいろ考えさせられる映画でした。
役所広司は名優です。阿部寛、椎名桔平など豪華キャストも深く印象に残る名演技で、テンポよく、物語は進みます。
山本五十六が戦争反対だった背景として、確かに戊辰戦争でまちを焼かれた長岡出身ということもあったと思いますが、アメリカに留学や駐在の経験があって国力の相違を冷徹に認識していたことが大きいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ