レビュー一覧に戻る
マイウェイ 12,000キロの真実
2012年1月14日公開

マイウェイ 12,000キロの真実

MY WAY

PG121452012年1月14日公開

hei********

1.0

素直な感想

大々的に真実が元だと言っていた本作。 まず、元になったノルマンディーで撮影されたアジア系ドイツ人の写真はモンゴル系遊牧民。ノモンハンの戦いに参加したのは熊本の第23師団基幹の精鋭部隊で朝鮮人が参加していない。ノルマンディーのオマハ海岸守備隊はソ連帰りの精鋭第352歩兵師団戦闘団で100%ドイツ人部隊(東方大隊はユタ第714師団に配備)など。一つも事実がない。 さらに、この作品公開の遥か昔に、日本人作家が日本兵がノモンハン後、ロシアを経てドイツ軍に所属して戦うという全く同じストーリーの劇画があり、盗作疑惑まで。 というか、オダギリ扮する長谷川がわずか数か月で大佐として着任するなど、大戦末期の第三次兵備ですらあり得なかったこと。ましてやノモンハンという日ソ精鋭同士が衝突した1939年時点では論外。 というか、オリンピック選抜を東京の国立競技場でなくなぜ京城(ソウル)で?笑 ストーリーも私自身でも書けるチープな脚本に完成度の低い戦闘シーン。 なんというかもう・・・。

閲覧数1,498