レビュー一覧に戻る
マイウェイ 12,000キロの真実
2012年1月14日公開

マイウェイ 12,000キロの真実

MY WAY

PG121452012年1月14日公開

pin********

5.0

「憎しみ」を煽ることの愚かさ。

嫌韓などというおろかな風潮が世を覆っているせいでしょうか、韓国映画というだけでとやかく言う人がいるようで残念です。 不当な言論に対して抗議することは必要でしょうが、いたずらに人を憎むこと、憎しみを煽り立てることがどんなに愚かなことか。 憎しみが何も生み出さないなどという事は、既に歴史が証明しているではありませんか。 さて、本作は予告編を見たときから、是非見たいと思っていた作品。 ノモンハンからソ連を抜けてドイツにまで渡ったという、スケールの大きさ。 日本人と韓国人の愛憎の物語。 それだけで楽しみではありませんか。 もっとも、それだけに嫌韓諸氏には酷評の対象にされるような作品だったのでしょう。 でも、見て良かったですね。 スケールの大きさはもちろんのこと、「人間」をよく描いた作品だと思いました。 ここには「どこかの国の国民が優れていて他国民は劣っている。」というような偏狭なナショナリズムは描かれていません。 どの民族も等しくおろかであり、等しく美しいのです。 偏狭なナショナリズムに囚われていたかのごとく描かれていた日本人側の主人公ですら美しいのです。 逆に、韓国人の中にも生きるためには同胞を売るような人間がおり、ソ連人の中にも人を人とも思わぬような輩がいます。 多くの民族が憎しみの為だけに憎しみ合う。 それが戦争の素顔でしょう。 発端は小さな欲望だったものが、憎しみによって油を注がれ、消すことができなくなる。 そんな戦争の真実を描いていました。 それにしても、僕はこういう映画が好きらしいですね。 日本人、韓国人、中国人が登場する映画には無条件で喜んでしまうようです。 本作はそこに持ってきて、ロシア人だドイツ人だアメリカ人だなどと様々な民族が、戦争というキーでつながってきます。 このお話しを作った人は、実にうまいことを思いついたものです。 (え~、実話だなんて端から思っちゃいませんよ。) ラストのオチは嫌韓だ反日だなどと言う愚かな争いを笑い飛ばすかのようなオチでした。 結局、彼と我とは似た者同士なんでしょうね。 戦場の描写は、今日らしい描き方で、迫力もあります。

閲覧数1,611