レビュー一覧に戻る
マイウェイ 12,000キロの真実
2012年1月14日公開

マイウェイ 12,000キロの真実

MY WAY

PG121452012年1月14日公開

kin********

5.0

朝鮮人強制連行の事実

すでに昔の日本軍が正当化され始めている現代に、もはや昔のように南京の悲劇などを映画化してくれるものなど無くなってしまった現代の映画ですね。 ましてや邦画などもってのほか。 永遠の0みたいなのが人気を出すくらいの世の中ですからこういう映画は日本人には好まれないでしょう。 でもやはり、こういう映画がまだ生きているということは強いものですね。 前にもどこかしらの大学でカン監督自身が来日した際に始めてこの映画をみました。 彼自身も「これを出す時期を間違えたみたい」だと少し落ち込み気味でした。 この映画はまさに当時の日本軍の憎悪、朝鮮人強制の事実が組み込まれた映画です。 ノルマンディーで見つかった東洋人を辿り、KBCが綿密な調査や各国の協力を得た結果、この事実に辿り着いたことだそうです。 いまや朝鮮人強制連行とネットで言おうものならたちまちネトウヨによって悪口雑言の大喝采が返って来る世の中になってしまいましたが、私は少なくとも、私自身元右翼であったこと、韓国旅行によって得たことを踏まえてやはり彼らの話が適切とみます。 まあ日本軍の手荒さは有名なものでしたけど、さらにロシアやドイツでの厳しい現実に負けず、敵同士だったはずの互いがやがて受け入れ、信頼し合うようになり始めるところにはこの映画の見所の一つとして挙げておきたいものです。 ただ私が気に入ったのは山本太郎扮する野田のリアル過ぎる日本軍の横暴演技です。 あれは本当に凄かった。 原発で俳優辞めるには勿体無いなーと感じられるくらい物凄いものでした。 改めて日本はたかだか電気で世界も目指せる俳優を失うのか...レベル低っ(笑 さて戦争映画ですからそれなりの戦場表現ですが、やはり韓国の戦争映画の品質の良さはどれもそうなのですが、これも洋画戦争映画に負けない高品質ものです。 流血/ゴレ表現は当たり前、更には恐らくCGを駆使したであろう環境下での人や物の動きのリアルな稼働も戦闘シーンとマッチしていて綺麗だったです。 ノルマンディー上陸のシーンもドイツ目線としてはプライベートライアンばりなリアルな表現が出来ているので文句なしです。 ただなんか、MG42の稼働があまりリアルじゃ無いのはまあ無視ってことでw それからこの映画は日本、韓国、ロシア、中国、ドイツ、アメリカと渡っていますが、全てが母国語であることがこの映画の見所でもあります。 多少なんだか自然じゃないというか、言わされてる感というか、ありますが全ての言語を全て母国語にしたのにはまた随分と力の入っている証拠ですね。 テルマエロマエのように中途半端なラテン語を入れておきながら最後はずっと日本語にするようなズルいやり方とは大違いです。 これが全て本当にあったことなのかというのは無論考えどころでもあります。 右翼の言うような主張はまるで全てが全て本当にあったみたいな言い方をしますが、これはドキュメンタリーじゃねーのって。 それに映画は脚色が入るから映画なのだからこれくらいでも丁度いいものじゃないでしょうか? 消え去りつつある朝鮮人強制連行の事実もやがては映画の中から今一つ考えられることを見つけ出せる点もあるかもしれません。 確かにこの映画のレビューは星一つが大半を占めています。 ですが、ここにもまた人間の本能的なものがある気がします。 戦争は加害を縮め、被害を拡張する傾向があります。 そのため、戦争の英雄的存在は高くみられ、(永遠の0が高評価であったこと)悪の面は何かと嫌われたりイチャモンを付けようとします。(この映画が低評価であること) この映画はまさに見る人の性格を見極め、潜在的思想を見出す映画でもあります。 あらためてこういった映画の存在がもう一度過去と現在、戦争と思想を巡るものとして力強く発揮されるものであると感じられます。

閲覧数2,133