ここから本文です

孔子の教え (2009)

孔子/CONFUCIUS

監督
フー・メイ
  • みたいムービー 33
  • みたログ 76

3.28 / 評価:32件

孔子と弟子の物語

  • インディ さん
  • 2014年4月23日 1時25分
  • 閲覧数 1518
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

言わずと知れた「論語」の孔子の半生を描いた映画。論語が好きな方、興味がある方におすすめの映画です。

紀元前5世紀頃の物語で、中国では春秋時代末期。日本はまだ縄文時代です。前半は魯の国の政治家としての孔子を描き、後半は魯の国を追われ、弟子と共に諸国を放浪する孔子を描く。

テンポよく話がすすむ反面、国の名前や役職名など聞きなれない言葉がでてくるので、意味が分からないまま過ぎてしまうこともしばしば。ですが、ちゃんと観ていれば大筋は分かります。

前半部分はドラマチックな展開で、斉の国との外交シーンや、CGを多用した戦闘シーンが有り、孔子のイメージを覆すような描写で面白かった。三国志の孔明のような知略に優れた人物として描かれていました。

後半部分は、孔子と弟子たちとの関係性を中心に描いていて、孔子への忠誠・尊敬が伝わってくる。孔子の功績は、論語の中にあるような教えそのものだけでなく、多くの弟子を育てた教師としての面にもあるのだなぁ。

論語は好きです。怠惰な人間である私でも、論語を読む間はつかの間だけでも君子の気分。孔子先生ありがとう。

映画の中で印象に残ったセリフ、「世に先生の句を理解する人はいても、その句から得たものを体得できた人はいないでしょうね。」
深いなぁ~。君子への道は簡単ではないですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ