ここから本文です

アルティメット・プレデター (2011)

ROADKILL

監督
ヨハネス・ロバーツ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

3.00 / 評価:9件

シムロック

  • moc******** さん
  • 2011年12月22日 15時03分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アイルランドの田舎町を旅行する若者達がふとしたトラブルからジプシーの老婆を轢逃げして死なせてしまう。老婆から死に際に呪いをかけられた若者達に伝説の巨鳥シムロックが襲い掛かる!!…というストーリー。
ジプシーの老婆を轢逃げして呪われるという設定はスティーブン・キングの「痩せゆく男」と似ていますが、本作では呪いを受けた者はシンドバットの冒険に登場する巨大な怪鳥シムロックに襲われます。また、若者達がシムロックよけのペンダントを盗んだためにジプシー達からも襲われるという「一難去ってまた一難」という展開が面白いですね。森の中でジプシー達から逃げ回る展開はサバイバル・スリラー的で面白かったです。
また、メインのシムロックとの追いかけっこも犠牲者の食い千切られた顔の特殊メイクなどはTVMとしては上出来の部類でしょう。ただ、「上空から掴んで連れて行く」のが基本戦法なのでちょっと襲撃シーンが単調になりがちなのは残念でした。もうちょっと攻撃のバリエーション増やしてほしかったですね。人間との絡みがあんまり無くて見せ場があんまり無いのも残念です。もうちょっと人間との攻防を見たかった。
若者達を襲うジプシー達のキャラも個性的で良かったですね。特にリーダーのネチネチとしたいやらしさはイイ感じ。ただ、彼らの方が不気味で怖いのでモンスターホラーの印象が薄くなったのは惜しいですね。
若者達もそれなりにキャラ付けされていて良かったですね。意外にパワフルなヒロインケリーとバカ男のチャックが一番キャラ立ってました。終盤の懺悔大会等も意味わからないなりに面白かったです。ただ、タイヤ交換のじゃんけんのシーンはちょっと感動的な感じで描いてましたが、二人で行った方が安全だと思いました(笑)
最後まで生き残るのが意外な人物なのも良かったです。そもそもコイツが元凶なんだけどね(笑)
本作で一番残念なのは肝心のシムロックのCGがショボイことですかね。安っぽくて浮き浮きでした。これがメインなんだからもうちょっと頑張ってほしかったです。
良作とはいかないまでもTVMとしてはそれなりの出来ではないでしょうか。この手の作品が好きな人なら暇潰しにはなると思いますよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ