ここから本文です

アルティメット・プレデター (2011)

ROADKILL

監督
ヨハネス・ロバーツ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

3.00 / 評価:9件

アルティメット?w

  • AMANOHOKUTO さん
  • 2012年3月13日 14時23分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

あー…うん、なんだ、あれだ…べったべたな低クオリティでしたw

主人公ケイトはアイルランドのダブリンという街へ引っ越してきました。
それでついでに同級生達を招集して同窓会がてらのドライブを計画したようです。RV(キャンピングカー)に乗り込んだ面々は、ケイトの元カレであるライアン、ケイトの弟ジョエル、お調子者の男チャック、優しそうなトミー、ケイトの友人アニータ、ヘイリー(女)、だったかな?でアイルランド旅行開始。ケイトもライアンも4年前に別れたけれどお互いまだ未練タラタラのようです。

田舎道を走っていて地図に載っていない寂れた村に到着しました。3、4軒の古びた建物と“ウェイサイドGS”と書かれたスタンドがあるだけです。ここでトイレを借りよう!と降りる男連中。一軒の店に「骨董品セール」と書かれてるのでそこへ入るとテーブルで賭け事をやってる中年のおっさん達約4名。
凄く胡散臭いw軽口叩く軽薄ぽいチャック。トミーはカウンターに売り物としておかれているライターが気に入って買います。アニータは胡散臭いオッサン(店主)が首に掛けている黄色い石のはまったペンダントに一目惚れして「それを買うわ、いくら?」と問いますが「これは売り物じゃない、売れない」というオッサンにしつこく粘るアニータ。
オッサンが「売り物じゃない」って拒否ってるのに「100ユーロ出すわよ」と強引に買おうとするし。
それでオッサンは仕方なく「分かった。100ユーロだな。箱に入れてやるよ」と100ユーロ受け取って背中を見せてごそごそやってて、黒いアクセサリケースを渡します。

その頃ライアン(だったかジョエルだったかいまいち区別がw)は別の家屋に入って何度も呼びかけますが誰も出てきません。床に落ちてる紙片に気付いて拾おうとします。その紙片は冒頭で“何か”に追われていた若い男リアム君(多分警官)が天井を突き破って入ってきた“何か”に捕捉されて行方不明になったシーンの、そのリアム君の「消息不明」チラシでした。拾いかけますが呼ばれて出て行きます。

そしてRVの傍に居るケイトに声を掛けたのは自称占い師の片目の気持ち悪い老婆でした。
「20ユーロでアンタの運命を見てやるよ」という老婆に取り合わないケイトですが「ライアンだね。アンタが心から愛してる男の名前はライアンだ」と言い出す老婆に食いつくケイトw現金だな。
「私とライアンは上手く行く!?」と問いかけるケイトに(先に金払えよケイトw)「ちょっと待ってな、見てやんよ」とケイトに手をかざす老婆。
そして、はっ!と恐れたようにケイトを見ます。「今すぐここを立ち去るんだ!」と即刻去るよう警告する老婆。

店の中では受け取ったアニータがケースを開けて吃驚。全然違うペンダントが入ってました。
「ちょっと!これじゃないわよ!」と憤慨するアニータに「そっちの方が10倍高価だから良いだろ」と馬鹿にした笑い。これ以上トラブルに巻き込まれないように「仕方ないわよ行きましょう」と促す皆ですが、アニータに惚れているらしいチャックは隙を見てオッサンの首からペンダントを引きちぎって「車に急げー!」とダッシュ。
まぁ気持ちは分からんでも無いが、こういういかにも胡散臭い地元民のオッサン怒らすとヤバイだろ…

RVに駆け込んでチャックが急いでアクセル踏むと、どんっ!と老婆をひいちゃいました。
「逃げよう」「いやそれはまずいよ」「置いていくのは無責任だ」などと車内でおろおろになってると老婆がむくっと復活。「だから直ぐに立ち去れっつったやんけ!おまえら一人ずつ殺されるがいいわ!シムロックの復讐じゃ!」などとしゃべり出したので「あ、生きてるわ。逃げよう」と置き去りでダッシュwおまえらw
あのペンダントは今のところチャックのポケットの中です。

そして何故か深い霧がかかり始め、“もうとっくに着いてる筈の隣町”はどこにも見当たりません。携帯電話も通じないし。霧を抜けるとそこはどこかよく分からない一本道の見晴らしの良い何もない高原。ていうのかな。道の真ん中に幼い男児が立ってました。「あの子に道を聞こう!」というアニータと「降りるのはやばくね?」と渋る皆さん。
子供は首を切るジェスチャーをして駆け出して行きます。子供を追いかけるためにバスから降りたアニータ。
しかしそこにシムロックが!殺されて連れ去られて行きました。
お前こそ祟りだよ、ペンダント売れとしつこかったし!自己中女きらーい。
車内でチャックがポケットから出したそのペンダントをケイトは受け取って首に掛けます。アニータとは親友だったようで、形見のつもりなのかな?オッサンに返せや。

文字数足りないので続きはブログへ(洋画な日々。 アルティメット・プレデター)で検索して下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ