ここから本文です

ラブ・アゲイン (2011)

CRAZY, STUPID, LOVE.

監督
グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
  • みたいムービー 447
  • みたログ 2,366

3.92 / 評価:1326件

もっと過激な演出が欲しい

  • yuz***** さん
  • 2021年1月16日 0時24分
  • 閲覧数 267
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

男を磨いてモテたいと思っていたのでそのモチベーションになりそうな映画、つまり「仕事がデキるor口達者でモテモテな男が登場する映画」を探していました。そこでこの作品を推す声がいくつかあったので視聴に至りました。

結果、大満足とまではいかないけど満足した、と言えるくらい楽しめました。モテ男の振る舞い、そして非モテ男の振る舞い、それぞれを見て「自分はこういう人になりたいな」といった感想を少なからず持つことができました。視聴者を馬鹿にしたような強引なストーリー展開がなかったのも良かったです。

しかし丁寧に作られた映画だからこそでしょうか、激しく高揚させてくれるような演出・シーンはありませんでした。映画序盤でナンパ師が女性を口説き、連れ去るシーンが何度も映りますがそれ以上の描写(ベッドシーンなど)はありません。

冒頭に書きました通り「モテ男が登場する映画」を調べて本作にたどり着いたわけですから、過激な演出があるのではないか(ウルフ・オブ・ウォールストリートのような本能全開な演出)、そうであってほしいと期待して鑑賞したわけです。しかし実際にはそんなことはなく、トータルではむしろハートフルな映画・・・かなぁ、という感想です。つまり若干の中途半端さは否めません。私と観る目的が近い人であれば見て損はないでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ