ここから本文です

ダークナイト ライジング (2012)

THE DARK KNIGHT RISES

監督
クリストファー・ノーラン
  • みたいムービー 797
  • みたログ 6,624

4.11 / 評価:4166件

ラスト30分で満たされる。

  • tat***** さん
  • 2020年8月2日 23時19分
  • 閲覧数 1988
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最強のヴィラン、ヒース・レジャー”Joker”を突然失ってC.ノーラン監督はきっと頭を抱えたに違いない。だが彼抜きでも、この最終作におけるクライマックスに至るまでの”絶望感”の演出は抜群で、途中で観るのをやめようかと思ったほどである。この”絶望感”にアン・ハサウェイ”Cat Woman”の鮮やかな豹変ぶりが一役も二役も買っているのは間違いない。
 その”絶望感”がラスト30分でクリスチャン/ベール”Batman”が見せる決してあきらめない人間臭さと、ゲイリー・オールドマン”Gordon”が見せる正義感の美しさを際立たせている。
 また、様々な伏線をきちんと最後に回収しているところ、特に「インセプション」を彷彿とさせるラストシーンが、”絶望感”からのカタルシスとして大満足であった。
 願わくばヒース”Joker”の醸し出す”絶望感”を観てみたかったが。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ