メガ・パイソンVSギガント・ゲイター
2.3

/ 41

2%
15%
27%
27%
29%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • neu********

    2.0

    さすがに時代の差を感じる

    デビーギブソンだか、ティファニーだか、 見たことも聞いたこともない。 それよりおいらには元モンキーズの ミッキードレンツにはびっくり! 1960年代後半なので、もう50年前になるが、 顔つきや雰囲気は昔のまんま。

  • ang********

    3.0

    ネタバレこれは、凄いコメデイ!(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ぜろ

    1.0

    感慨深い

    ペットセメタリーのメアリーランバート監督作品。 あの傑作をを撮った監督とは思えないひどさ。 なんなんだろう、ちょっと悲しくなりました・・・。

  • rls********

    1.0

    愚作過ぎて逆に天晴れ

    いやぁ〜、よくこんな全てにおいてチープな作品を作ったのか驚きですね‼︎ 最後までその糞クオリティを崩さなかったのが逆に凄いの一言。 そして、最後まで鑑賞してしまった私はもっと凄いと思うww この作品、途中からポルノ映画にでも成ればと思ったのは内緒ですw

  • gat********

    2.0

    今市の手前かな・・・

    せめて出演した女優さんのスタイルが魅力的だったら星3つあげたのに、谷間だけをチラチラ見せるだけで終始したのでは星2つでしょう。 ストーリーもワニもハチャメチャでした。

  • pe_********

    4.0

    酷すぎて失笑する

    とにかくCGが酷すぎて笑える。 真面目な人は見ないほうがいいです。

  • inu********

    1.0

    B級コメディバイオパニック

    もっとお笑いに振れば面白かったのに残念。 80年代アイドル?の競演も知らない世代にとっては何ら感慨もない。チープなCGとあり得ない程の巨大化とケンカ両成敗的な展開からして、コメディチックな演出が満載ならまだ許せたのだけど。

  • wat********

    1.0

    どうしようもない酷さ

     ストーリーもチープであるが、CGもひどい。たぶん、予算がなかったのであろうが、絶句するほどひどい。感想を求められても、答えようがないほどひどい。予算がないのであれば、もっと低予算でできる映画を作ればよいのにと思った。  あまりのひどさに途中で寝てしまいそうになり、ほとんど記憶に残らないほどであった。テレ東の木曜日の特集はアタリ外れが大きいが、今回のワニ・シリーズは大きく外してしまったようだ。

  • cmc********

    1.0

    木曜午後のんびりと地上波で

    何気無く、観てしまいました。 ストーリー、CG、キャスト、全てが驚きのロークオリティ。 チープなCGに頼りきり、あれもこれもと展開を広げ過ぎて、お粗末な結果に。 大学生の娘と一緒だったので、下品なお色気シーンが無かった事がせめてもの救い(笑) 数カ月前から、映画鑑賞のメモリアルとしてYahooレビューつけていますが、今回は止めておこうかなと… でも、せっかく最後まで観たので、日記がわりに投稿させて頂きます。 星1つ… どなたにもオススメ出来ません。

  • gag********

    1.0

    地上波放送にて鑑賞

    ヘビとワニのCGのクオリティが酷い。 ゲームに出てくるアニメーションの様なCGでリアリティがない。 それ故、ストーリーに入り込めず、危機的状況も緊迫感など皆無。

  • a24********

    4.0

    ネタバレ壮絶!ヘビ派VSワニ派の死闘

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ybe********

    2.0

    おまえら正気かーっ!?

    キターーーーー!久しぶりにテンションの上がる大駄作です! ステロイドで超巨大化したワニと蛇が自然公園に出現。「勝手に殺し合い」時々「ニンゲン様でお食事タイム」を繰り返し、終盤にはマイアミの街に大挙して押し寄せます。 これだけ書くと一大スペクタクルのようですが、もちろん緊張感や緊迫感は皆無。母乳の時期の赤ちゃんのウンチくらいユルユルです。 街を蹂躙する爬虫類どもと戦うのは、なんとヘリと車が各一台!しかも飛行するヘリは、安いCGかラジコンという体たらく。ヘリ一台も飛ばせないとは、どんだけ予算がないんでしょうか…。 当然、モンスターのCGもヘボヘボ。プレステの『バイオハザード2』レベルっす。 縮尺もおかしくて、体長20mほどで人間をひと呑みするくらいかと思えば、突然200mくらいになって電車を丸呑みしたり、空に浮かぶバルーンに噛み付いたりします。 もう一回書きますが、電車を呑み込むと言ってもCGがヘボヘボなので、迫力のパニックシーンを想像してはいけません。 もうね、誰ひとり本気で取り組んだと思えないクオリティ。コメディテイストも加味したつもりなんだろうけど、ギャグが「バナナの皮でスッテンコロリン」レベルなので、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ(T▽T) ストーリー、演出、演技、CGのグダグダ感が渾然一体となって、観ているうちに無の境地へと導かれます。2013年の「オレの時間返せ!映画グランプリ」の最有力候補です。 ちなみにゲストとして、ザ・モンキーズのミッキー・ドレンツが登場するのですが、今更こんなので喜ぶ人がいるんでしょうかね?僕は何の思い入れもない世代なので、ココで作品が醸し出す「どう、ちょっとスゴくない?」感が、むしろ腹立たしさを増幅させてくれました。

  • mr_********

    4.0

    元アイドル歌手二人に何があったのだろう?

    地上波でやっていたので録画して見ました。 なんの予備知識もなく、B級パニック映画であることは見なくてもわかるし、ストーリーやCGのお粗末なことは想定内だったのだが、驚いたのが主演女優二人のヒドさ、だった・・・。 なんで、こんなおデブと栄養失調みたいなオバさんコンビが主役なのか。 アメリカならアンバ-・ハードみたいに若くてセクシーなネエちゃん、いくらでもころがってるだろうに・・・。 あまりにもウザったいので「早くワニに喰われちゃえよ!」と思って観ていたら、目出度く二人とも犠牲になっちやいました・・誰でも、そう思うよね。 鑑賞後キャストを調べてみてオドロイた! 二人とも20年ほど前は超有名なアイドル歌手だったんですか~! デビー・ギブソンにティファニー、俺は当時はメタリカとかヘビメタ地獄にはまっていたので、どのみち知らなかったのだが・・・(爆) そこでYOU TUBEで二人の当時の映像を見たのだけれど、ルックスも歌唱力も素晴らしくて、こりゃ人気でるよね~、って感じ。 それにしても20年ぐらいでこんなに劣化するものだろうか? いったい二人に何があったのだろうか? 別に知りたくもないけど(笑) こうなったらティファニーの「メガピラニア」(2010)、デビー・ギブソンの「メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス」(2009)もテレビでやってもらいたい。 この映画の監督はメアリー・ランバートでS・キング原作の「ペットセメタリー」とか撮った人だ。 最近はテレビの方で活躍しているようだが、このTV映画のやっつけ仕事ぶりはひどい。 しかし、主演女優二人の過去の栄光にすがらない潔さに★4っの大サービス!(笑)

  • のっぴ

    3.0

    ネタバレ内容より出演者

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • たかみん

    3.0

    洋楽ファン必見?

    タイトル通り、巨大ヘビと巨大ワニの映画なのですが、この作品の本当の見所は、デビー・ギブソンとティファニーが出演しているところ。 洋楽ファンには懐かしい、アメリカで1980年代に起こった10代女性歌手ブーム、そんな中で、つねに1・2位を争いライバル関係だった2人が女優として出ているのです。 見た目はすっかりおばさんになってしまった彼女たちが、映画の中で繰り広げるケンカシーンは、大人気だった当時を知っているものとしては、悲しいけど笑えます。 巨大ヘビと巨大ワニのCGは相変わらず雑です。

  • tak********

    3.0

    みんな喰われてしまう

    蛇とワニが笑っちゃうほどでかくなって暴れる。 オイオイ、みんな喰われてしまうのか?ヽ(´o`;

  • mal********

    1.0

    主演の二人は昔アイドルだったんですよ。

    2011年のパニック映画です。日本では劇場未公開作、DVDでのみ観ることができます。 他の方のレビュー評価がすこぶる低いのは、本編を観れば仕方ないって思いますが、?主演女優二人の化粧が濃い?とか、単純に?女優がブスだ?といった簡単な言葉で主演のデビー・ギブソンとティファニーのことを片づけていますが、そう書いたレビュー投稿者の方はこの二人が1980年代に絶大な人気があったアイドル・ミュージシャンだったことを知らないみたいなのがちょっと残念な気がします。まあ、その事実を知ったからって、評価が上がるタイプの映画ではないんですが・・・。 一時はライバル視された二人が、沼でつかみ合いのけ喧嘩を繰り広げ、互いにののしり合うシーンは、昔の彼女たちのことを知っているだけに複雑な思いがしましたが、本国アメリカでは本作はパニック映画ではなく、単なるコメディ映画として評されてるようなので、これは単純に楽しんでいいってことみたいですね。 そう割り切って観たとしても、パニック映画が途中から雑なCGの怪獣映画に変貌、登場人物のほとんどが巨大ワニと巨大ヘビの餌食になるだけのC級映画だという事実は動きません。しかし、映画ファンならある意味確認した方がいいかもしれませんよ。

  • dow********

    1.0

    なんじゃこれ

    ファミコン並みのCGだし ぶっさいくな女保安官がワニを巨大化させてヘビ退治するわ

  • mi1********

    1.0

    あれ?

    そもそもこの映画で最大の悪は、勝手に蛇を盗んでは無責任に川に流したキツネ女とその蛇を退治するために違法な薬物をワニに与えて巨大化させたタヌキ女でしょ、コイツらが街を破壊した張本人なのに何故かラストは記念碑になっていましたね、しかも本人達よりさらに不細工な…

  • bou********

    3.0

    巨乳VS貧乳でもある。

    ティファニーとデビーギブソンは存じております。メガピラニアを超えられないけどこのメガパイソン~も中々です。チープなCG、役者達の真剣な演技、ツッコミ所、など見ていて面白い。特にツッコミ所は多いです。内容は婚約者を殺した蛇に復讐させるためワニを巨大化させ…パニックにってやつ。そして内容そっちのけで胸に執着しちまう映画がたまにある。P2がそんな感じでしたがこのメガパイソン~も結局胸に執着しちまった。巨乳でしたから。

1 ページ/2 ページ中