ここから本文です

しあわせのパン (2011)

監督
三島有紀子
  • みたいムービー 286
  • みたログ 2,018

3.31 / 評価:1153件

「現実」はほのかに香る程度

  • nin***** さん
  • 2020年7月11日 8時50分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

人間ドラマ、というジャンルに括るなら、確かにつくりが甘い作品だと思います。
その時々で作りたいパンを作り、丁寧な生活をしながらゲストハウスまで経営、しかもお客さんはまばら……まさに夢物語の世界です。
ただ、そもそも趣味程度の完全な道楽でない限り、この経営形態で潰れないお店なんてフィクションの世界にしか存在しないでしょうから、あくまでも「こんなふうに暮らせたら」を覗かせて頂くような気持ちで楽しめました。

最初の香織さんと時生くんのくだりを見ても、失恋したばかりでいい感じになった男性に1000キロの距離をバイクで送ってもらうのはやめときなよ、などと突っ込んでしまう……。笑

しかしなぜか、2人がその後不幸になる未来はあまり見えない。どのお話を見ても、そういう独特の雰囲気が流れているのがこの作品の魅力かもしれません。

父子家庭の親子の話、お風呂屋さんを営んでいたご夫婦の話、いずれも身近な人々に当てはまるところがあったり、将来的な自分の姿を垣間見たりしてホロリとくる部分もありました。
1人で食べきれないパンは、大切な人と半分こ。そんな温かいような、切ないようなメッセージが伝わってくるのも良かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ